MENU

教えて達人!あなたの健康習慣

鈴木形成外科 鈴木晴恵院長 《前編》

いろんな業界の第一線で活躍されている達人に、日頃の健康習慣についてインタビューする「教えて!あなたの健康習慣」。
第二回目のゲストは、鈴木形成外科の院長で、ビーガンレストランCHOICEのオーナーでもある鈴木晴恵先生に、日頃の美容と健康の習慣についてお聞きしました。

 

今回の達人

鈴木形成外科院長
CHOICEオーナー
鈴木 晴恵(すずき はるえ)先生

 

プロフィール

京都府京都市出身。1984年高知医科大学を卒業し、京都大学形成外科入局。2000年に鈴木形成外科を開業。
1988年にレーザー治療をいち早く日本に取り入れ、アジア人に特有のシミやあざなどの治療法を確立。レーザー治療における日本のパイオニア。また、眼瞼形成を中心とした手術も多数手掛ける。
1990年に自ら『医師の指導の下に科学的根拠にもとづき皮膚科・形成外科の治療を補助する目的で行われるスキントリートメント』と考案・定義した“メディカルエステ”を医院に併設。クリニックと連携をとり、一人一人にあったアンチエイジングや痩身の施術を行っている。

 

 

——— 鈴木形成外科の院長でもあり、現在はビーガン、グルテンフリーのレストランCHOICEのオーナーでもある鈴木先生ですが、そもそも医師を目指すきっかけというのはあったのでしょうか?

鈴木晴恵院長(以下、鈴木) 大学進学するときに、医学部に行ったらどう?という周りの勧めで医学部に入ってしまって、実は、最初の一年目は辞めようかどうしようか正直迷っていたんですよ。元々はクリエイティブな仕事をしたかったので、建築とか意匠工芸とかそういった方面に行こうかなって思っていました。だから、医学部に入ってからも大学を入り直そうかと考えていました。
高知医大には形成外科はなかったのですが、あるとき京都大学の形成外科の教授が講義に来られたんですね。そこで初めて症例写真をたくさん見せてもらって、手術でこんなにぐちゃぐちゃになった傷を綺麗にできる。自分の腕で綺麗にできる。そういう仕事ができるんだって思ったのがきっかけですね。それで、このまま医者になって形成外科医になろうと思いました。

 

——— 先生が元々したかったクリエイティブな仕事と形成外科で治して美しくするということがマッチした感じですか?

鈴木 そうですね。それに子供の頃から、何かモノを作ったり細かい事をしたりするのが好き、そういった子供でしたので。

 

——— 子供の頃、健康面で気をつけていたことはありますか?

鈴木 とっても健康で、少々風邪ひくとか具合が悪くなっても自分で寝て治してしまう子供でした。
病院には2回ほど怪我をして縫ってもらいに行ったくらいです。笑

——— 活発なお子さんだったんですね。

食事の面で、好き嫌いなど、気をつけていたこととかはありますか?

鈴木 今から考えるとすごく今の食事に近いものを食べていましたね。あっさりしたものだとか。いろんな味付けをしないでそのまま食べることを好んでいました。野菜もドレッシングをかけることなくそのまま食べるような。子供のときから薄味が好きなんです。

 

——— 医師になられてからは、健康への意識も変わりましたか?

鈴木 実は、医師になってからが、とっても健康に悪い食生活だったと思います。といいますのも、毎日が忙しくて食べるものが本当にいい加減になりがちで。カップ麺やコンビニ弁当などで済ませたりすることも。研修医のときはその日のうちに帰れませんから、途中でご飯を調達に行くのですけど、周りのお店は閉まっていて、晩御飯を食べそびれたりなんてこともしょっちゅうでした。

 

——— そうなると、お肌に影響も出てきますね。

鈴木 当直した朝はニキビが出来ていましたね。食べ物と睡眠は、お肌に与える影響はすごく大きいということを大学病院勤務時代に実感しましたね。あとはストレスですね。麻酔科医時代は寝ないで夜通し勤務しているとニキビができるから、睡眠が関係あるのだろうなって思ったけども、食べ物が関係しているというのは知りませんでしたし、形成外科で皮膚のことを学んでいましたが皮膚科では食べ物とニキビは関係ないとされていました。

——— えーっ、ニキビと食べ物は関係ないんですか!?よくナッツとかチョコレートは灰汁が強いから食べ過ぎると吹き出物ができるっていうのは女子なら誰もが聞くようなことですが。

鈴木 ナッツとかチョコレートとかそういうのが皮膚に影響がある、刺激になるから多少関係があるとは習いましたけど。しかし現実はナッツをよく食べる人でも吹き出物は出ないという人もいます。ナッツの状態によるものだと知りました。フライとかローストしてないナッツを食べたほうがいいでしょう。ナッツは良い油を多く含んでいますがフライやローストすることで、ナッツの油は酸化します。酸化したものが、身体に摂り入れられることによってお肌に影響を及ぼしていると考えられます。

 

——— 院長になられた現在、鈴木形成外科ではどのような治療を行われているのでしょう?

鈴木 形成外科医なので手術が大好きなんですね。子供の頃から何か手先を使ったりすることが好きでしたから、今は手術が出来てすごく幸せです。
手術のなかでも最も多いのは、眼瞼形成(瞼の形成)、眼瞼下垂症の人が一番多いですね。ここを開業してから18年間、毎週4例くらいしています。
あとはひきつれた傷跡をきれいにするとか、何かできたモノを切り取るとか。

 

——— その手術で一番多い眼瞼下垂とはどういうものですか?

鈴木 病気でもあるので、手術には保険も適用されますが、上まぶたが挙がりづらく、垂れ下がったままの状態を眼瞼下垂といいます。
眼瞼下垂は、瞼を持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋と瞼をつなぐ膜状の腱である腱膜が薄くなり、延びきってしまうことが原因でなります。
例えば日常生活で、ハードコンタクトレンズをはずすときに目尻を横に強く引いたり、アトピー性皮膚炎や花粉症で瞼をよくこすったり、過度のアイメークやメークを落とすときに瞼を擦ったりなどを毎日繰り返すことにより、眼瞼挙筋腱膜が薄くなり、延びきってしまいます。

そして、眼瞼下垂になり目が開きづらいと、目を開ける筋肉を使い過ぎて目の奥が痛くなり、額の筋肉を使って目を開けようとするので、額にシワもできてしまうし、眉毛も上がってしまって、コメカミが痛くなったりします。頭や頸や肩、背中、あごの筋肉をいつも緊張させるので、頭が痛くなったり。肩が凝ったり、首や背中が痛くなったり、顎関節症になるなど体中に影響が出てきてしまいます。身体だけではなく、疲れやすくなったり、不眠やうつ症状が出たりする場合もあります。

 

——— 眼瞼下垂を治療するための手術は大きな手術なのでしょうか?

鈴木 多くの病院では入院させますが、私のところでは日帰りです。一週間後に抜糸をします。痛いところは最初に局所麻酔を瞼にしますので、最初のそこだけです。あとは基本的に麻酔が効いているので痛くないです。
手術は2時間半くらいの手術なのですが、手術中、患者様は起きてらっしゃるし、じっとしているだけだから、せっかく時間があるので看護師さんに本を読んでもらったり、ずっとおしゃべりをしたりしていますね。

——— 2時間半もですか?

鈴木 2時間半って聞くと長いって思われる、大丈夫かなって。でも意外とあっという間で、終わった時にはもっと喋っていたかったって。私が思っているだけかもしれないけど。笑

 

 

——— 少し話が変わりますが、先生はビーガンとお聞きしましたが、ビーガンとはどのような食事スタイルのことですか?

鈴木 ビーガンというのは動物性の食材を一切使わない食事。つまり肉とか魚だけではなく、乳製品とか卵とかそういったものも使わない食事法のことです。

 

——— ビーガンになられたきっかけを教えてください。

鈴木 2011年の原発の事故ですね。食の安全について見つめるきっかけになりました。
食と栄養を勉強していくと今まで私が娘に食べさせていた物が如何に間違っていたかということにすごいショックだった。そこから身体にとって一番良い食べ方は何だろう?と、考えるようになり、いろんな料理方法とか栄養学を勉強したり、有名な栄養学の先生の勉強会に行ったり、学校に行ったりして、片っ端からいろんな考え方を勉強しました。それで半年後にはプラントベーストホールフーズ(植物全体を食べる)が私にとって一番だって思ったんです。

 

 

後編へ続く。
次回は、美容、レーザー治療について、またビーガンについてお話をお聞きします。

このページの先頭へ