鍼灸師が教える3分ストレッチ

ツラい肩こりの解消に!あのイチロー選手でお馴染みのストレッチが良い!

3分ストレッチタイトル見出し8

CO鍼灸整骨院の小林です。

3分ストレッチ08-03

いま、ご覧いただいているのは、
パソコンの画面でしょうか。それとも、スマホの画面でしょうか。

いずれにしても、
ありがとうございます。

ただ、ひとつだけ問題があります。

それは、いまの姿勢です。
画面をのぞきこんでいないでしょうか。
ちょっと猫背になっていないでしょうか。

もしかしたら、ガチガチの肩こりを抱えたまま、読んでいただいているかもしれません。

もはや国民病とまで言われるぐらい、肩こり人口は年々増していくばかり。
パソコン作業や勉強などのデスクワークをはじめ、
ずっと同じ姿勢のままの仕事や、疲れ、ストレスなど。
肩こりの原因はいたるところに、ひそんでいます。

整体、マッサージ、鍼灸、カイロプラクティック、磁気ネックレス、市販の湿布薬、マッサージチェア。
町中のあらゆるところで見かけます。
それだけでも、肩こりで悩まれている方がどれだけ多いか、わかりますね。

今回は、そんなツラい肩こり解消、予防に効果のあるストレッチをご紹介します。
「イチロー選手でおなじみの」と言えば、
どんなストレッチか、わかる方がいらっしゃるかもしれません。

 

デスクワークにひそむ、ツラい肩こりの原因

放っておくと、頭痛やめまいを引き起こしてしまう、と言われていますが、
そもそも、どうして肩こりになってしまうのでしょうか。

人間は頭部がとても発達したいきものです。
中身も詰まっているので、そのぶん、ずっしりとした重さがあります。
じつは、そこに原因があるんですね。

デスクワークをしているときは、どうしても前かがみになってしまいがちです。
重い頭部が前にいくわけですから、
それを支えるために、知らず知らずのうちに、後ろの筋肉に力が入ります。

つまり、首の後ろ、肩、背中の筋肉が緊張するんです。
肩が張って、固まっている状態ですね。

それが長くつづくと、肩こりになってしまいます。
肩、肩甲骨あたりだけではなく、背筋も緊張しているので、腰痛を発症する可能性もあります。

よく言われる症状は、
肩のあたりに違和感がある。痛い。肩が張っている。肩が重い。慢性的な疲労感がある。頭痛。めまい。
なかには、「鉄板が入っている」「岩が両肩にのっているみたい」と言う方もいらっしゃいます。

身近ですが、なかなか厄介なのが、肩こりです。

 

身体のバランスを見なおして、より効果的なストレッチ

3分ストレッチ08-04

あまり知られていませんが、
身体は、もみほぐすべきところ、鍛えるべきところに分けることができます。
ストレッチとトレーニングです。

ちょっと言いまわしをかえましょう。
柔軟性が必要な部位と、安定性が必要な部位です。

肩、股関節、足首は、柔軟性。
首、腰、膝が、安定性。

頭のてっぺんから並べかえると、首、肩、腰、股関節、膝、足首。つまり、安定性と柔軟性が交互に並んでいるのです。そうすることで、人間は身体のバランスをとっているわけです。

柔軟性の肩、股関節、足首は、しっかりとストレッチをおこない、
安定性の首、腰、膝は、筋トレなどで鍛えるといいでしょう。

さあ。
いよいよ、ストレッチです。

今回、紹介するストレッチは、肩こり解消、予防だけではなく、
凝りかたまった股関節にも効果のある、一石二鳥のストレッチになっています。

しかも、血流、血行、リンパの流れの改善、基礎代謝のアップ、ヒップアップなど、
うれしいおまけがたくさんついています。

 

肩こり解消・予防。股関節にも効果のあるストレッチ

それでは、力を抜いて、ゆっくりと呼吸してください。
気持ちよさを感じるぐらいに、伸ばしていきます。

まず、座りながら、両足を広めにひらいてください。
そのとき、両手は膝のうえに置いておきます。

すでに、股関節の伸びを感じられるかもしれません。

鼻から息を吸って、吐きながら、右肩をまっすぐ前に押しだしてください。
右肩を内側に入れるイメージです。
顔はなるべく正面を向いたまま、背筋を伸ばして。

3分ストレッチ08-01

その状態で、腰から背中、腕ぜんたいにかけて、30秒伸ばします。

ゆっくりと身体を正面に戻してください。
今度は反対、左肩です。
鼻から息を吸って、吐きながら、左肩を前に押しだしていきます。
顔を正面に向けたまま、背筋の伸びも感じてください。

その状態で、30秒間キープ。

3分ストレッチ08-02

いかがでしたか。
肩から背中、腰、股関節と、広範囲にわたって、気持ちよく伸びたと思います。

ポイントは広範囲にわたるストレッチなので、
いま、どこが伸びているのかを確認してください。

そうすることで、しっかりと効果が感じられるでしょう。

もしかしたら、ストレッチをするなかで、
気づかれた方がいらっしゃるかもしれません。

冒頭でもちらりとお伝えしましたが、
このストレッチ、一般的に「肩入れストレッチ」と言われていて、
イチロー選手もよくおこなっているものなんです。

日常生活はもちろん、
ゴルフ、ランニング、スポーツの準備運動としてもいいでしょう。

自宅や職場で簡単にできますので、
仕事や勉強のブレイクタイムにも、試してみてください。

毎日、少しの空き時間を利用して、
肩こり解消、予防をしていきましょう。

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

 

鍼灸師 小林 由樹

学生時代から京都・大阪・神戸の診療所で多くの患者様を診させていただき、さまざまな治療を学ぶ。平成15年からは母校の医療法人 城見会 アムス柔道整復師養成学院に入社。学院付属の『アムスジオ鍼灸整骨院』にて管理者を勤め、平成18年に(株)コ・メディカルを設立。
平成19年3月にCo.鍼灸整骨院を開業し現在に至る。

協力:CO.鍼灸整骨院

 

3minutes.content

このページの先頭へ