鍼灸師が教える3分ストレッチ

えっ!腕が上がらない、痛い。四十肩・五十肩にならないためのストレッチ!

3分ストレッチタイトル見出し9

CO鍼灸整骨院の小林です。

3分ストレッチ09-03

腕をあげようとしたら、
ピキッと肩に激痛がはしってしまう。腕がぐるりとまわせない。

シャツを着るとき、なにげなく腕をあげて、はげしい痛みにおそわれたり、
寝ているとき、寝がえりの拍子に、痛みで目がさめてしまったり。

仕事が手につかなくなり、
日常生活にも支障が出てしまって、ツラいですよね。
いわゆる、四十肩・五十肩と呼ばれる症状です。

じつは、もともと五十肩しかありませんでした。
しかし、ストレスや運動不足などが影響したらしく、
いつのまにか、40代の方々にも同じ症状があらわれるようになってきました。

最近では、さらに若い30代の方にも、
四十肩・五十肩と同じ症状があらわれています。

「まだ若いから、だいじょうぶ」と思っている方も、
じゅうぶんに気をつけてください。

今回はそんな四十肩・五十肩の予防になるストレッチをご紹介します。

 

激痛をまねく四十肩・五十肩の原因

そもそも四十肩・五十肩は、
なぜ起こってしまうのでしょうか。

肩関節の炎症、ということはわかっているのですが、
ストレス、筋肉疲労、猫背など。
諸説があって、まだはっきりとした原因は解明されていません。

ですから、治し方、治療方法がさだまっていないのです。

整形外科などの病院に駆けこんで、
痛み止めの注射を打ってもらったり、
サプリメントを服用したり、
湿布を貼ったり、体操をしたり。

なんとか痛みを緩和できないか、といろいろな方法が試されています。

激痛のために、眠れない日々がつづく。
睡眠不足になって、ストレスがたまってしまう。

四十肩・五十肩はほんとうにおそろしい病気なのです。

今回、ご紹介するのは、
肩のまわりの筋肉をやわらかくするストレッチです。

これにより、肩の可動範囲、肩甲骨の可動域が、
年齢とともに狭くなっていくのを予防して、
四十肩・五十肩になりにくくすることができます。

 

理想のプロポーション、深い呼吸にも効果的なストレッチ

3分ストレッチ09-04

さらに、プロポーションを整えることにも役立ちます。

肩のまわりの筋肉をしっかりと働かせることで、
背中のライン、首のライン、骨格をまっすぐたもつことができるのです。

しかも、このストレッチのスゴいところは、
ふだんの呼吸が、自然と深くなっていくことにも役立つのです。

前かがみ、猫背といった姿勢を長時間つづけていると、
肋間(ろっかん)が縮んでしまいます。

肋間とは、肋骨のあいだですね。
この肋間は肺のすぐ外がわにあるため、呼吸と密接にかかわっています。

肋間が縮んでしまうと、浅い呼吸しかできず、
心と身体にとって、とても大切な酸素が行きわたらなくなってしまうのです。

肩のまわり、肋間。
そして、わきやわき腹。
一石三鳥のストレッチで、しっかりと伸ばしていきましょう。

 

四十肩・五十肩に効果的な予防&改善ストレッチ

立った状態、イスに座った状態。
どちらでもかまいません。

タオルの端と端をつかんで、バンザイしてください。
このとき、タオルを肩幅の長さにあわせます。

3分ストレッチ09-01

タオルなしでもだいじょうぶですが、
持ちながらのほうがやりやすいので、オススメです。

背すじをのばして、姿勢はまっすぐのまま、
上体を左へ倒していきます。

いかがでしょう。
わき、わき腹が伸びているのがわかるでしょうか。

肩甲骨のまわり、肋骨のあたりも、
全体的に伸びていることと思います。

ゆっくりと息を吐きながら、30秒キープ。

3分ストレッチ09-02

また、ゆっくりと正面に戻してください。

つぎは反対がわです。
同じように、今度は右へ倒していきます。

ゆっくりと息を吐きながら、30秒キープ。

勢いをつけて、むりに伸ばす必要はありません。
ポイントは、ゆっくり、じんわり。
イタ気持ちいいぐらいの感じで伸ばしましょう。

四十肩・五十肩の予防にもなりますし、
身体の側面をストレッチすることで、
肋間の筋肉もしっかりと働いて、深い呼吸がしやすくなります。

酸素がスッと肺に入ってくる感覚ですね。
深い呼吸は、質のいい睡眠にもつながります。

浅い呼吸、つまり酸欠は筋肉をかたくしてしまうので、
このストレッチで、四十肩・五十肩を予防して、
やわらかい筋肉を長くたもちましょう。

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

 

鍼灸師 小林 由樹

学生時代から京都・大阪・神戸の診療所で多くの患者様を診させていただき、さまざまな治療を学ぶ。平成15年からは母校の医療法人 城見会 アムス柔道整復師養成学院に入社。学院付属の『アムスジオ鍼灸整骨院』にて管理者を勤め、平成18年に(株)コ・メディカルを設立。
平成19年3月にCo.鍼灸整骨院を開業し現在に至る。

協力:CO.鍼灸整骨院

 

3minutes.content

このページの先頭へ