鍼灸師が教える!自分でできる美のツボ

美肌の敵「ほうれい線・シワ・たるみ」を解消! 顔まわりのお肌を整えるツボ4選

ほうれい線・シワ・たるみを解消

シワの原因3つ。乾燥、たるみ、摩擦

CO鍼灸整骨院の小林です。

顔のシワとたるみは、老けてみられる悪因のひとつ。美肌の天敵ですよね。

 

前回、お肌のトラブルを予防&解決。お肌本来の新陳代謝とバリア機能を高め、つねに新しいお肌を生んでいくツボをご紹介しました。

 

そのため、顔のシワとたるみにも効果的。ぜひお試しください。

今回はぜひとも、それと併用してほしいオススメのツボ。

あなたの顔まわりへダイレクトに届いて、顔の「ハリ」を取り戻してくれます。身体の内側にくわえて、外側からもしっかりとアプローチしていきましょう。

 

シワの主な原因は、ズバリ「乾燥」と「たるみ」、そして「摩擦」です。

 

・乾燥

乾燥すると、お肌はダメージを受けます。その結果、弾力が失われて、シワになってしまうのです。コラーゲンの減少にも気をつけたいところです。

 

・たるみ

よく混同されがちですが、たるみとシワは違います。

大きく分けると、たるみはお肉で、シワはそれによって刻まれた線のことを言います。

 

たるみは、表情筋が衰えることで発生します。そのため、加齢とともにどうしても起こりやすくなるんですね。

シワを気にするあまり、自然に笑えなくなったり、表情を失ってしまったり。

表情を失うと、ますます表情筋が衰えて、たるみになってしまいます。「ほうれい線」はその最たるものと言えます。

目尻にできる「カラスの足跡」も筋肉の衰えが原因のひとつです。

 

・摩擦

目元はほかの部分に比べると、皮膚が薄いもの。摩擦をくり返すと、すぐにシワが現れてしまうんです。

そのため、チカラが入りやすいアイメイクなどにはくれぐれも注意が必要です。

 

顔が喜ぶ、乾燥&たるみ解消のツボ4選

摩擦に気をつけながら、ツボ押しをすることで、血行が促進。

筋肉も刺激され、「乾燥」「たるみ」「摩擦」の悪因を取りのぞくことができるわけです。

 

また、東洋医学は「ほうれい線」と胃腸の働きも関係がある、としています。

胃腸の働きが悪くなることによって、唾液の分泌量が減り、噛むチカラまで衰えてしまうからです。

美肌の敵「ほうれい線」の解消&予防には、「整腸」がポイントになるんですね。

 

ちなみに、前回のコラムでご紹介している「足三里」にも整腸の効果がありますよ。

 

それでは、「乾燥」「たるみ」にバッチリ外側からアプローチ。

顔まわりのお肌を整えるオススメのツボをご紹介していきます。

 

①巨りょう(こりょう)

巨りょう

巨りょうは、鼻の両わきにあります。

黒目のまんなかから、まっすぐ下へ。小鼻の外側と交わるところにあります。鏡を見ながら、押してみてください。

 

顔のなかでも、おもに頬のむくみやたるみ。口や目のゆがみも改善してくれます。

また、肌の皮脂分泌を正常化してくれるツボでもあります。乾燥から肌を守ってくれるんです。

 

②散笑(さんしょう)

散笑

両わきの小鼻から、口角へと結んだ線のまんなかにあるツボです。

ほうれい線のまんなかあたりにあります。「内側から外側に向かって」というイメージで刺激してください。

 

ズバリ、ほうれい線に効くツボと言われています。

ただし、強く押しすぎるのは厳禁です。摩擦にならないよう気をつけてください。

 

③地倉(ちそう)

地倉

地倉は、口角の外側にあります。

ほうれい線の終わりの場所、と言ってもいいですね。

 

ここには主に、頬の筋肉や口まわりの筋肉が集中しています。

そして、地倉はそんな筋肉たちをまんべんなく刺激して、動きをスムースにしてくれます。筋肉の衰えを阻止してくれるツボなんです。

口角が上がりやすくなって、ほうれい線の解消&予防にもつながります。

 

④瞳子髎(どうしりょう)

瞳子髎

目尻から指1本分ほど外側にある、骨のくぼみにあるツボです。こめかみの近く、「カラスの足跡」ができる場所にあります。

 

こめかみ周辺は、血管や神経が多く集まっている場所。

そのため、瞳子髎を刺激することで、顔中の血管、神経が活性化するんです。顔ぜんたいに血液や栄養分が行きわたるので、「眼のしたのクマ」改善にもいいですよ。

 

ただし、どのツボも摩擦を起こさないようにしてください。

目元をはじめ、皮膚の薄いところを強くマッサージしてしまうと、ダメージになり、乾燥や色素沈着の原因になってしまいます。

 

いかがだったでしょうか。

 

顔まわりの血行を促進したり、筋肉を刺激したり、日常生活ではなかなかできないことばかり。だからこそ、ツボ押しで補ってほしいところ。

ツボ押しによって、血流が元気になるので、多くの栄養分が肌細胞に送られます。

その結果、衰えた肌のターンオーバーが改善。肌細胞も活性化。シワとたるみのどちらにも効果的です。

前回のコラムと併用して、顔も身体も、お肌のトラブルを解消しましょう。

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

 

鍼灸師 小林 由樹

学生時代から京都・大阪・神戸の診療所で多くの患者様を診させていただき、さまざまな治療を学ぶ。平成15年からは母校の医療法人 城見会 アムス柔道整復師養成学院に入社。学院付属の『アムスジオ鍼灸整骨院』にて管理者を勤め、平成18年に(株)コ・メディカルを設立。
平成19年3月にCo.鍼灸整骨院を開業し現在に至る。

協力:CO.鍼灸整骨院

 

バックナンバー

vol.1 空いた時間で理想のヒップラインへ!お尻全体の脂肪を燃やす簡単ツボ押し
vol.2 美肌のポイントは良質な睡眠。美しいお肌を手に入れる安眠のためのツボ
vol.3 美しい瞳で印象アップ!押すだけで魅力的な瞳になれる4つのツボ
vol.4 汗をかく=健康ってホント? 美容にもつながる悪い汗をピタリと止めるツボ!
vol.5 美しい髪は、頭皮から! 若々しい頭皮に導く、超カンタンなツボ3選
vol.6 肌トラブルの解決は身体の内面から! 新陳代謝を上げて、お肌を美しく保つツボ
vol.7 美肌の敵「ほうれい線・シワ・たるみ」を解消! 顔まわりのお肌を整えるツボ4選
vol.8 バストアップのキーワードは「乳腺」! 簡単ツボ押しで、身体の内側からバストアップ
vol.9 きれいな姿勢は、美しさに不可欠! 姿勢改善で魅力アップに繋がる簡単ツボ押し
vol.10 ダイエットの秘訣は「代謝」にあり! 肥満の予防&解消にオススメのダイエットツボ
vol.11 手は美しさのアピールポイント! 紫外線、乾燥にさらされている手を美しく保つツボ
vol.12 美脚の大敵、むくみにサヨウナラ! 脚をスッキリ!美脚になるための厳選ツボ押し
vol.13 デコルテケアのポイントは「リンパ」にあり! 顔が明るくなるデコルテケアのツボ押し3選
vol.14 「美声」であなたの魅力をアップ!あなた本来の健康的な声を取り戻すツボ
vol.15 ストレスの悪循環をストップ!美容の敵「ストレス」から身を守る簡単ツボ押し

このページの先頭へ