鍼灸師が教える!自分でできる美のツボ

ストレスの悪循環をストップ!美容の敵「ストレス」から身を守る簡単ツボ押し

ストレスから身を守る簡単ツボ押し

美容の敵は、ストレスの悪循環

CO鍼灸整骨院の小林です。

 

美容の敵とは、何でしょうか?

患者さんへ尋ねていきましたら、多くの方が「ストレス!」と答えられました。

 

やっぱり皆さん、感じていらっしゃるんですね。

私もズバリ、そのとおり「ストレス」だと思います。

 

ストレスはとっても厄介です。

目に見えません。じわじわと蓄積されていきます。

そしてある日突然、美容の敵となってしまうのです。体調を崩す原因にもなってしまうのです。

 

また、「ストレスはストレスを招く」という悪循環におちいる特徴も持っています。

たとえば、生理痛がそうです。ストレスによって生理痛が起こり、その生理痛のせいでより一層、ストレスが蓄積されていく。

 

もっと身近な例もあります。

自分の容姿、体重を気にするあまり、それがストレスとなってより一層、暴食に走ってしまうのも「ストレスがストレスを招く」ものです。

 

ストップをかけなければ、その悪循環がいつまでも続いてしまうのです。

 

今回は、そんな悪循環にストップをかける「ストレスに必須のツボ」をご紹介します。

 

ストレスが引き起こす症状とは

そもそもストレスとは、何でしょうか?

外部から受ける刺激によって起こる、身体の反応と、その原因のことをいいます。

たとえば、上司に怒られて(外部からの刺激)、苛立たしく思う(身体の反応)。これがストレスです。

 

そして、身体にさまざまな症状を引き起こします。

自律神経系・内分泌系・免疫系といった機能に、症状が出るんです。

とくに自律神経系に影響があると、美容のポイントである「お肌」や「髪」に関係してきます。不眠症も、この自律神経系ですね。

ストレスから身を守るツボ

お肌、髪、不眠など。

それぞれ、これまでの「美のツボ」で書かせていただきましたので、ぜひご参考ください。

 

また、先ほどもちらりとお伝えしましたが、「生理痛」もストレスと密接に関わっています。

 

ただ、この生理痛。

個人差があって、そのツラさがなかなか分かち合えなかったりします。

 

代表的な症状としては、下腹部痛があります。

ほかにも、腰痛・頭痛・便秘・肌荒れ・眠気・不眠といった身体的な症状。

そして、イライラ・不安感・集中できない・憂うつ感・無気力など。精神的な症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

 

絶対オススメ。ストレス解消の簡単ツボ押し

それでは、お待たせしました。

生理痛の原因となるストレスの悪循環をストップ! 美容の敵、ストレスから身を守るオススメのツボをご紹介します。

 

①三陰交(さんいんこう)

三陰交

足の内くるぶしの凸部分から、指4本ぶん上にあるところ。

骨の上ではなく、骨と筋肉の境目にあります。

 

月経痛をはじめ、婦人科系の代表的なツボです。

月経不順・不妊・更年期障害のほか、逆子・安産などにもオススメ。

 

三陰交の「陰」とは、気の流れが滞りやすいところです。

それが3つも交わっているので、ここを刺激すれば、気の流れが大きく変わります。その結果、冷えを抑えて、あなた本来の身体へと戻っていくわけです。

 

ストレスや生理痛を感じましたら、まずはこのツボからの刺激を試してください。

 

②中極(ちゅうきょく)・帰来(きらい)

中極・帰来

中極:おへそから指5本ぶん下にあります。

帰来:中極から左右に指3本ぶん離れたところにあります。

 

そこはまさに、子宮の位置。

ポイントで刺激するのではなく、子宮の上に両手を重ねて、そのままじんわりと押さえるように刺激してください。

全身の調子を整えてくれるので、ストレスの悪循環をストップ。生理痛をはじめ、腰痛や冷えにもオススメです。

 

③労宮(ろうきゅう)

労宮

労宮は、手のひらにあります。

こぶしを握ったとき、中指の先端があたるところがそうです。

 

これぞ、ストレスのツボ。

緊張を緩和させたり、気持ちを落ち着かせたり。深呼吸をするみたいに、親指で軽く押してあげてください。

 

いかがだったでしょうか。

いまや、ほとんどの人が何らかのストレスを抱えている時代。うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

 

キレイになるためには、ある程度の努力が必要。しかし、努力がもとで、ストレスを溜めてしまうと、本末転倒。逆効果になってしまいます。

つまり、美容とストレスはとても密接に関わっているんですね。

 

ストレスを溜めないためには、自分なりの解消法を見つけておくのがオススメですが、なかなか見つからない。

そんなときは、今日ご紹介したツボ押しでリラックス。

ほかにも、この「サン・クロレラ健康BOOK」の他カテゴリーもぜひ参考になさってくださいね。

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

 

鍼灸師 小林 由樹

学生時代から京都・大阪・神戸の診療所で多くの患者様を診させていただき、さまざまな治療を学ぶ。平成15年からは母校の医療法人 城見会 アムス柔道整復師養成学院に入社。学院付属の『アムスジオ鍼灸整骨院』にて管理者を勤め、平成18年に(株)コ・メディカルを設立。
平成19年3月にCo.鍼灸整骨院を開業し現在に至る。

協力:CO.鍼灸整骨院

 

バックナンバー

vol.1 空いた時間で理想のヒップラインへ!お尻全体の脂肪を燃やす簡単ツボ押し
vol.2 美肌のポイントは良質な睡眠。美しいお肌を手に入れる安眠のためのツボ
vol.3 美しい瞳で印象アップ!押すだけで魅力的な瞳になれる4つのツボ
vol.4 汗をかく=健康ってホント? 美容にもつながる悪い汗をピタリと止めるツボ!
vol.5 美しい髪は、頭皮から! 若々しい頭皮に導く、超カンタンなツボ3選
vol.6 肌トラブルの解決は身体の内面から! 新陳代謝を上げて、お肌を美しく保つツボ
vol.7 美肌の敵「ほうれい線・シワ・たるみ」を解消! 顔まわりのお肌を整えるツボ4選
vol.8 バストアップのキーワードは「乳腺」! 簡単ツボ押しで、身体の内側からバストアップ
vol.9 きれいな姿勢は、美しさに不可欠! 姿勢改善で魅力アップに繋がる簡単ツボ押し
vol.10 ダイエットの秘訣は「代謝」にあり! 肥満の予防&解消にオススメのダイエットツボ
vol.11 手は美しさのアピールポイント! 紫外線、乾燥にさらされている手を美しく保つツボ
vol.12 美脚の大敵、むくみにサヨウナラ! 脚をスッキリ!美脚になるための厳選ツボ押し
vol.13 デコルテケアのポイントは「リンパ」にあり! 顔が明るくなるデコルテケアのツボ押し3選
vol.14 「美声」であなたの魅力をアップ!あなた本来の健康的な声を取り戻すツボ
vol.15 ストレスの悪循環をストップ!美容の敵「ストレス」から身を守る簡単ツボ押し

このページの先頭へ