鍼灸師が教える!自分でできる美のツボ

美容と健康を左右している「体温」 体温を上げて代謝も上げる、万能のツボ3選

健康と美容は、体温に左右されている

CO鍼灸整骨院の小林です。

 

少しずつ春めいてきました。

ただ、まだ日によってはビックリするぐらい寒い日もあります。

 

今シーズンの冬は、とくに寒かったですよね。

そして何より、全国的にインフルエンザが猛威をふるっていました。

 

インフルエンザは、ウイルスによる感染症です。

感染の原因は、「気温」と「湿度」が関係しています。気温が低かったり、湿度が低かったりすると、インフルエンザウイルスはどんどん広がっていきます。

 

でも、インフルエンザと美容って、関係あるの?

 

じつは「あなたの体温を保つこと」がインフルエンザ対策にもなって、美容にも効果的なんです。そう、キーワードは「体温」なんです。

 

今回は、あなたの身体を守りながら、美しいお肌へ導いて「痩せやすい体質」にもしてくれる、そんなツボをご紹介します。

 

冬の寒さで体温が下がると、免疫力・抵抗力が弱くなります。

空気中に蔓延しているウイルスが、どんどん口や鼻から体内へ侵入してくるのに、戦えなくなっているんです。

その結果、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

 

低体温では、美しさが保てない?

ところで、ご自身の平熱は何度ぐらいでしょうか?

 

日本人の平均は、約36.5度。

ところが、最近では平熱が、35度台という低体温の方が多くなっているようです。

人間の身体は、体温が1度下がると、エネルギーの代謝がなんと12%もダウンします。反対に、体温が1度上がると、免疫力が30%もアップします。

 

体温が、あなたの健康を左右している、と言っても過言ではありません。

生理のとき、妊婦のとき、出産直後など、「熱を測ってください」と言われるのは、みなさんの免疫力・抵抗力を調べているんですね。

身体に起こる変化のひとつである排卵日を、基礎体温グラフからある程度、導き出せるのも、体温がみなさんの健康バロメータになっているからなんです。

 

それほど、大切な体温管理。

最近ではハイテクな体温計が出たり、体温管理士という資格まであるそうです。

 

ところが、まだまだ低体温が軽く考えられているように思います。

 

低体温で、代謝が低下している状態だと、老廃物もうまく排出できません。

新陳代謝が落ちているので、お肌をきれいに保つことができなくなり、脂肪も燃えてくれません。美容にも、ダイエットにも影響を与えているんですね。

新陳代謝を上げる方法として、よく「汗をかくこと」と言われますが、それはつまり「体温を上げる」ということなんです。

 

体温を上げる、オススメ万能ツボ3選

お待たせしました。

それでは、体温を上げる、理想的な体温を手に入れる、そんな美容と健康のための簡単ツボ押しをご紹介します。

 

①湧泉(ゆうせん)

足裏のまんなかよりも、やや上。

足の指を曲げたときに、少し凹むところ。そこに湧泉があります。

 

チカラをこめて、強めにぐいぐいと押してください。

気力、生命力を高める「万能のツボ」として有名な湧泉ですが、その理由こそ「体温を上げてくれるから」なんです。

心臓からもっとも遠いところにあって、血液をチカラ強く押し戻してくれる湧泉。そのチカラ強さが、「体温」と結びついているんですね。

 

②衝陽(しょうよう)

衝陽は、足の甲にあります。

内から2本目と3本目の指のあいだを触れてみてください。強く押してみると、それぞれの指の骨が感じられると思います。

そこから足首へたどっていって、骨の交わっているところです。

 

身体の内側、とくに胃から体温を上げてくれるツボです。

食欲不振、足の冷えにもオススメで、虚弱体質にもいい、とも言われています。

 

③合谷(ごうこく)

今度は、手にあるツボです。

人さし指と親指のあいだ、水かきの奥の少し人さし指寄りに、合谷があります。

 

こちらも「万能」と呼ばれるツボ。

一概に言えないほど、幅広い症状をカバーしてくれます。頭痛、肩こり、不眠、便秘、生理痛など。

このコラムを読みながら、ちょっと押してみることのできる、お手軽さもオススメの理由です。

 

いかがだったでしょうか?

 

体温が、皆さんの健康、美容を大きく左右していたんですね。

熱を測るのは、体調が悪いときだけ。そんな方も多いと思いますが、体温はホントにバロメータになりますので、平熱をしっかりと把握されることをオススメします。

そのうえで、体温が下がったときには対処して、上がったときにはその理由をさぐってみて。そうしているうちに、きっとあなたの身体に、良い変化が起こると思います。

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

 

鍼灸師 小林 由樹

学生時代から京都・大阪・神戸の診療所で多くの患者様を診させていただき、さまざまな治療を学ぶ。平成15年からは母校の医療法人 城見会 アムス柔道整復師養成学院に入社。学院付属の『アムスジオ鍼灸整骨院』にて管理者を勤め、平成18年に(株)コ・メディカルを設立。
平成19年3月にCo.鍼灸整骨院を開業し現在に至る。

協力:CO.鍼灸整骨院

 

バックナンバー

vol.1 空いた時間で理想のヒップラインへ!お尻全体の脂肪を燃やす簡単ツボ押し
vol.2 美肌のポイントは良質な睡眠。美しいお肌を手に入れる安眠のためのツボ
vol.3 美しい瞳で印象アップ!押すだけで魅力的な瞳になれる4つのツボ
vol.4 汗をかく=健康ってホント? 美容にもつながる悪い汗をピタリと止めるツボ!
vol.5 美しい髪は、頭皮から! 若々しい頭皮に導く、超カンタンなツボ3選
vol.6 肌トラブルの解決は身体の内面から! 新陳代謝を上げて、お肌を美しく保つツボ
vol.7 美肌の敵「ほうれい線・シワ・たるみ」を解消! 顔まわりのお肌を整えるツボ4選
vol.8 バストアップのキーワードは「乳腺」! 簡単ツボ押しで、身体の内側からバストアップ
vol.9 きれいな姿勢は、美しさに不可欠! 姿勢改善で魅力アップに繋がる簡単ツボ押し
vol.10 ダイエットの秘訣は「代謝」にあり! 肥満の予防&解消にオススメのダイエットツボ
vol.11 手は美しさのアピールポイント! 紫外線、乾燥にさらされている手を美しく保つツボ
vol.12 美脚の大敵、むくみにサヨウナラ! 脚をスッキリ!美脚になるための厳選ツボ押し
vol.13 デコルテケアのポイントは「リンパ」にあり! 顔が明るくなるデコルテケアのツボ押し3選
vol.14 「美声」であなたの魅力をアップ!あなた本来の健康的な声を取り戻すツボ
vol.15 ストレスの悪循環をストップ!美容の敵「ストレス」から身を守る簡単ツボ押し

このページの先頭へ