食事の謎を解き明かす栄養トリビア

「炭酸飲料を飲むと骨や歯が溶ける」という噂は本当?体にいいと言われる炭酸水も同じ?

スーパーやコンビニなどの飲料水販売コーナーには、驚くほど色々な種類の炭酸飲料が並んでいます。

あのシュワシュワした口当たりが好き、という方は多いのではないでしょうか。

炭酸の入ったミネラルウォーター(炭酸水)は美容と健康によいと言われているので、愛飲者も増えています。

 

しかし、炭酸飲料といえばある噂を聞いたことはないでしょうか?

それは、炭酸飲料を飲むと骨や歯が溶けるというもの。

 

炭酸飲料を飲むと骨や歯が溶けるという噂は本当?

 

今回は、炭酸飲料を飲むと本当に骨や歯が溶けるのか?また体によいと言われる炭酸水も同じように骨や歯が溶けるのか?についてお伝えします。

 

本当に炭酸飲料で骨や歯が溶ける?

子どもの頃、炭酸飲料を飲んでいたら、大人に「炭酸を飲むと骨や歯が溶けるよ」なんて言われた経験はありませんか?

いまでも、自分の子どもに炭酸飲料は飲ませないというお母さんも多いですね。

 

一般的な炭酸を含む清涼飲料には酸味料が含まれています。

歯や骨の成分であるカルシウムやマグネシウムは、酸に溶ける性質を持っているため、炭酸飲料を飲むと骨や歯が溶けると言われるのです。

 

実際に炭酸を含む清涼飲料、果汁などの酸を含む液体に、長時間、歯や魚の骨をつけておくと、カルシウムやマグネシウムが溶けるようです。

 

毎日数リットルを常に飲み続けているような方は、影響を受けないとは言えないかもしれませんが、一般的にはそのような炭酸飲料をカルシウムやマグネシウムが溶けるほど長時間口に含むようなことはないでしょうし、唾液による希釈や中和作用によって、直接的な影響はないと言えるでしょう。

飲み物ですから直接、人の骨に触れることもありません。

 

では、なぜそのような噂になったのでしょうか?

 

炭酸飲料の添加物、「リン酸」が疑惑の一因?

「炭酸飲料を飲むと骨や歯が溶ける」といわれるようになった原因のひとつとして、リン酸があげられます。リン酸は炭酸飲料の酸味付けのためによく使われている添加物(酸味料)です。

 

このリン酸を過剰に摂取することにより、血液中のカルシウムとくっついて尿として排出されてしまう性質があるようです。

そうなると、血液中のカルシウム濃度が下がってしまい、体は元に戻そうとして骨や歯を構成するカルシウムを利用すると言われています。

 

ただ、炭酸飲料に含まれるリン酸の量はごく僅かなので、血中のカルシウム濃度を下げるほど摂りすぎることは出来ないと言うのが一般的な見解です。

 

炭酸飲料を飲むことの本当の問題は…

炭酸飲料に含まれるリン酸よりも問題なのは、炭酸飲料などは冷たく冷やして飲むことにより、甘さを感じにくく、独特のシュワシュワ感がクセになることです。

特に子どもの頃から習慣化してしまうと甘い物への依存になったり、虫歯の原因になることは容易に想像できます。

 

炭酸飲料を1缶(500ml)飲むと体内におよそ46gの砂糖が摂取され、舌にある受容体は糖分に反応して大脳皮質に信号を送ります。

その結果、脳の報酬系が活性化され、「もっとほしい!」と感じてしまうようになるそうです。

こういった快楽のままに1日の推奨量(1500ml)の水と同じ分量の炭酸飲料を1週間飲み続けるだけで、余分に約5500kcalも摂取することになります。

これでは、肥満になるのは明らかですし、虫歯の心配も出てきます。

 

幼児の1日の砂糖の摂取量の目安は5g程度。それに対して一般的な炭酸飲料の糖分は約10%と言われています。子どもが飲んでいい量としては、50mlくらいと言うことになりますね。

 

糖分、添加物の入っていない炭酸水ならよいのか?

冷たい炭酸飲料を飲むとスッキリすると感じる方も多いのではないでしょうか?

炭酸飲料といえば、甘味のついた炭酸飲料を思い浮かべたりしますが、最近では炭酸(ガス)入りのミネラルウォーターや、炭酸水として微炭酸から強炭酸まで様々な種類が売られていて需要も高いようです。

 

それでは、その炭酸水を水と同じように水分補給に使っていいのでしょうか?

 

炭酸水は、炭酸ガスを含む水ですので同じように体内に吸収されます。

胃の中で気泡が発生して膨らむので、通常の水を飲んだ時より満腹感を得られるので食べ過ぎの予防にもなります。

 

だからと言って、よく炭酸水だけでダイエットしよう!と試みる方もいらっしゃいますが、それは間違いです。

食事はバランスよく摂らないときれいに健康に痩せることは出来ません。

 

炭酸水を飲むと気泡が胃で拡大するため、胃腸がデリケートな方や胃酸が逆流する方、過敏性腸症候群、胃潰瘍などの症状がある方には炭酸水は適していません。

 

また、炭酸水が水分補給に良いからといっても、運動をする場合は、ゲップが出てパフォーマンスを妨げたりすることも懸念されますし、運動して大量の汗をかくことで多くの水分補給が必要になります。

ですから、炭酸水より普通の水をこまめに飲んだほうがいいでしょう。

 

炭酸水は体への影響はほとんどなく、基本的には水の代用としても活用できます。

ただし、あくまでも水に炭酸が溶け込んだ「炭酸水」に限ったことであり、糖分や風味が加わった炭酸飲料は、清涼飲料水と同じでカロリーや摂取量には注意が必要です。

 

炭酸飲料が骨や歯を溶かす、という噂のため、炭酸水も骨や歯に悪影響を及ぼすのでは?と考えてしまいますが、実際には炭酸水を飲むことで骨や歯が溶けることとは関係がないといえます。

 

他にも、「炭酸水を飲むと元気になる」という噂も聞いたことはないでしょうか?

炭酸水は体内の疲労物質の乳酸と反応して二酸化炭素と水に形を変え、体外に排出してくれます。これが炭酸水を飲むと元気になる理由です。

 

炭酸飲料で骨や歯は溶けないけれど…

無糖で添加物も入っていない炭酸水の場合は問題ありません。

 

しかし、炭酸飲料を水代わりにして、たくさん飲むのというのは考え物。

炭酸だけが骨や歯にダメージを与える原因ではありませんが、やはり酸性の性質を持っているものです。

こまめに何度も飲めば、唾液による中性化を遅らせてしまうことになり、口の中が常に酸性となり、それだけ歯に悪影響を及ぼします。

 

その上、炭酸飲料は発泡の刺激があっても甘味を感じるよう、砂糖などの甘味料や酸味料を添加しています。

そのため、酸性値やカロリーが思っている以上に高くなっている可能性が極めて高いのです。

 

結論としては、「炭酸飲料を飲むことで骨や歯が溶けることはないけれど、飲み方に十分な注意が必要」ということです。

 

健康のことを考えるのなら、炭酸飲料を水分補給として捉えずに、おやつのような嗜好品と考えましょう。

 

☆こちらもおすすめ

「水は一日に2リットル飲むと身体に良い」は本当?身体がむくむ原因は水不足!?

 

健康管理士・調理師・整体師・ダイエットアドバイザー 池上道代さん

みち整体院 院長

健康管理士、調理師、整体師、ダイエットアドバイザーの資格を持ち、
お客様の健康から美容、食育のお悩みに幅広く応える。
また、日本痩身医学協会認定講師、日本フィジカルナテュール整体スクール神戸校校長として、ダイエットアドバイザーの資格取得から育成まで、トータルでサポートしている。

https://qol-up.wixsite.com/website

バックナンバー

vol.1 鰻を食べると、本当に夏バテ防止になるの?鰻と梅干しとの食べ合わせは本当にNG!?
vol.2 「水は一日に2リットル飲むと身体に良い」は本当?身体がむくむ原因は水不足!?
vol.3 果物を食べると健康になるということわざは本当!?「医者いらず」と言われている食材の意味と、食べ方のコツ
vol.4 食べ物で認知症を予防できる?認知症の進行を抑えることは?認知症予防・対策のために知っておきたいこと
vol.5 運動前にバナナを食べるのは本当に体に良い?効果的なバナナの食べ方とスポーツ時の食事の注意点
vol.6 「酒は百薬の長」?それとも「万病のもと」?お酒を楽しく飲むために意識しておきたいこと。
vol.7 「卵はコレステロールが多いから1日1個までしか食べてはいけない」って本当?コレステロールを下げる食事とは?
vol.8 ネギを首に巻くと風邪が治るは本当?風邪に負けない体づくりのために知っておきたいこと
vol.9 「花粉症にヨーグルトが良い」は本当?アレルギー対策に摂りたい栄養素
vol.10 「筋肉をつけるには、ささみを食べろ」は本当? 筋トレに効果的な食べ物と摂取の仕方
vol.11 「牛乳を飲んだら子どもの背は伸びる」は本当? カルシウムの効果的な摂取方法を知ろう!

このページの先頭へ