簡単エクササイズ

なかなか落ちない下腹のプルプルお肉 。ポッコリ下腹を解消するダイエットエクササイズ

%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba16

ポッコリ下腹の原因は、身体の内側にあり!

フィットネスクラブ ピノス洛西口の松井です。
カンタンについてしまうのに、なかなか落ちない下腹のプルプルお肉。ダイエットをしてみても、下腹のお肉だけがなぜだか、ぜんぜん減らない。%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba16-1

どうして!

じつは、下腹のお肉が痩せない。その原因は「目には見えない、身体の内側が太りやすくなっているから」なんです。
今回は、あなたの身体の内側をさぐってみましょう。身体の内側から痩せやすくするのです。そして、下腹のお肉を減らして、しっかりと引き締めていきましょう。

ズバリ、身体の内側が「正常」でなかったら、下腹のポッコリって減りにくいんです。

たとえば、姿勢の悪さも関係しています。
姿勢が悪いと、本来あるべき場所から内臓などの位置がズレてしまい、下半身のむくみを引き起こしてしまいます。
姿勢を矯正するだけで、ポッコリ下腹部が解消できる場合もあるぐらい。

姿勢は大きく分けて、正常、猫背、反り腰の3タイプがあります。正常はもちろん、問題ありません。

問題があるのは、猫背と反り腰。
猫背の人は、骨盤(腰のあたりにある大きな骨群)がうしろに傾いた状態になります。
胸筋が衰えるので、バストが成長しません。そしてつねに、下腹部が突き出た体型をキープすることになります。
普段から、ポッコリ下腹部を育てていることになっているのです。猫背を正すだけでも、シルエットが変わります。スタイルが違って見えるんです。

反り腰は、その反対。
骨盤がまえに傾いた状態です。まさに腰が反っているんです。
「背筋をのばしているから、いいのでは?」という方もいるかもしれませんが、じつは反り腰の方のラインって、崩れているんですね。
胸をはり過ぎて、お尻も出ている。これでは、膀胱や子宮をはじめ、いろんな内臓を圧迫してしまうことになります。身体の内側が正常ではないんです。
内臓を圧迫するので、便秘や下半身のむくみなどを引き起こして、痩せにくくなってしまうというわけです。

姿勢をなおすと、骨盤ゆがみの改善にもつながります。
骨盤のゆがみは、消化や排泄の機能を低下させるので、ダイエットの大敵「便秘」の原因にもなります。

いかに、「身体の内側」が大切か、わかっていただけたでしょうか。姿勢を正して、身体の内側を「正常」にしてくださいね。

 

知らないと、悪循環!ポッコリ下腹を効果的にダイエットする方法

さて、いよいよ本題です。
姿勢はとてもわかりやすい例ですが、なかなか見えづらい「身体の内側の異常」。
それが「冷え」と「内臓の下垂」です。

そして、「冷え」と「内臓の下垂」こそ、ポッコリ下腹の直接的な原因なのです。

・冷え
冷えには必ず、むくみがセットでついてきます。
たとえば、座りっぱなしで脚の付け根が圧迫されつづけると、血流やリンパの流れが悪くなって、むくみやすくなります。
血流やリンパの流れが悪くなるので、とうぜん体温が低下して、冷えを招きます。身体が冷えると、身体は内臓を守るために脂肪をつけていきます。

(デスクワークなどで)座りっぱなし→むくむ→冷える→脂肪がつく→(動くのがメンドーになって)座りっぱなし→むくむ…

まさに悪循環におちいっていくのです。
手のひらで下腹を触ってみてください。もし、冷たい部分があったら、すでにその悪循環におちいっている可能性が大きいです。

最後のエクササイズをぜひ試してみてくださいね。

・内臓の下垂
ちょっと難しい言葉ですが、内臓が下に垂れていく、ということです。内臓下垂や腸下垂と言われる現象ですね。
これは、お腹のインナーマッスルが衰えたときに起こります。
インナーマッスルが内臓を支えきれなくなって、本来あるべき位置から内臓が下へ下へさがっていくんです。

運動不足や過度なダイエットによって、筋力が低下した場合は要注意。

内臓がさがっていないか、ちょっとチェックしてみましょう。
お尻に手を添えて立ち、そのままの姿勢でカカトを床から離さずに、しゃがんでみてください。%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba16-2

しゃがめたでしょうか?

内臓下垂や腸下垂の場合、さがった内臓がつっかえて、うまく座ることができません。

このさがった内臓が、ポッコリ下腹そのものだったりするんです。
内臓ですから、もちろんダイエットをしても痩せません。
内臓を正常な位置に戻さないと、ポッコリ下腹はなくならないんですね。

 

一石二鳥の超カンタン、ポッコリ下腹解消エクササイズ

身体をあたためて、冷えを解消すること。
インナーマッスルを鍛えて、内臓を正常な位置に保つこと。

これこそ、ポッコリ下腹を減らしていくポイントなんです。
反対に言えば、それさえクリアできれば、ポッコリ下腹とサヨナラができるんです。ダイエットできるんですね。

そして、その2つは、たった1つのエクササイズで解消することができます。
「足上げ腹筋(レッグレイズ)」です。

1)
まずは、仰向けになって寝てください。

%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba16-3

 

2)
そこから、両足を上げて、20~30秒キープします。
足を上げる高さは20㎝ぐらい。目安としては、靴1足分ぐらいをイメージしながらおこなってくださいね。

%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba16-4

 

腹筋のなかに効いている、と実感できると思います。
呼吸を止めてはいけません。
また、足を上げているときは、腰が浮かないように注意してください。どうしても腰が浮いてくる場合は、足の高さを少し下げて、できる範囲でおこなってください。

これを3セット。たったそれだけ。

冷えの防止にもなって、インナーマッスルも鍛えられて。
そしてポッコリ下腹とサヨナラ。差がつく下腹だからこそ、「足上げ腹筋」をつづけて、効果的なダイエットを手に入れてくださいね。

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

 

インストラクター 松井厚輔

matui_profilepic2003年大阪リゾート&スポーツ専門学校卒業。 在学中にNSCAパーソナルトレーナーの資格を取得。卒業後、フィットネスクラブピノス洛西口にて、ジム、スタジオなどのフィットネス部門を担当。トレーニングの知識を活かし、ひざ痛改善を始めとした中高年向けの指導、スクールを担当。

協力:京都府向日市のフィットネスクラブ「ピノス洛西口

 

 バックナンバー

vol.1 花粉症の改善には、声を大にしてオススメしたい簡単エクササイズ「スクワット」
vol.2 膝の痛みの原因は変形性膝関節症かも。予防と改善には大腿四頭筋を鍛える簡単エクササイズ
vol.3 健脚になって健康寿命を延ばす、知っている人は知っている簡単エクササイズ
vol.4 腰痛の予防、改善に!人体のコルセット「腹横筋」を鍛える簡単エクササイズ
vol.5 骨粗しょう症の予防・改善には、誰でも知っているオススメ簡単エクササイズ
vol.6 顔のシワやたるみを改善。小顔になる簡単エクササイズは魔法の言葉を唱えるだけ
vol.7 二の腕がたるむ、たった一つの原因を解消する簡単エクササイズ「トライセプスキックバック」
vol.8 お尻のたるみを解消!忘れられた筋肉を呼び覚まして小尻になれる簡単エクササイズ「キックバック」
vol.9 ふつうの腹筋運動じゃぽっこりお腹は解消できない?やるなら絶対、簡単エクササイズ「ドローイン」
vol.10 四十肩・五十肩になってからでも大丈夫!驚くほど簡単に肩関節がやわらかくなる「振り子運動」エクササイズ
vol.11 脱水症・熱中症の予防と対処法には、体温調節できる身体づくりの簡単エクササイズ
vol.12 身体の不調がみるみる軽減!ダイエットにも繋がる体幹を鍛える簡単エクササイズ
vol.13 ダイエットに不可欠な「基礎代謝アップ」には、最も面積の広いあの筋肉を鍛えるエクササイズが効果的
vol.14 ホントはコワい不眠症 超カンタン安眠エクサイズで今日からぐっすり!
vol.15 9月こそ要注意!夏バテは身体からのSOS!夏バテ対策&解消エクササイズ
vol.16 なかなか落ちない下腹のプルプルお肉 。ポッコリ下腹を解消するダイエットエクササイズ
vol.17 過度なストレスが溜まる前に!正しくストレス解消ができる簡単エクササイズ
vol.18 横になったまま運動不足解消!カンタン運動習慣&超簡単エクササイズ
vol.19 ツラい肩こりをたちまち予防&解消!タオル1枚の超カンタンエクササイズ
vol.20 骨盤の歪みはあなたのクセから。歪み予防&改善の超カンタンエクササイズ
vol.21 宴会を楽しみながら体重管理!食べすぎお腹をスッキリ戻す簡単エクササイズ
vol.22 冷え性は万病のもと!第2の心臓を呼び覚ます、冷え性予防&改善カンタンエクササイズ
vol.23 アンチエイジングで若々しく健康に!老化を最小限にとどめるカンタンエクササイズ

このページの先頭へ