メンタルヘルス講座

身体の不調はココロの不調?身体の部位でわかるココロの声とは

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab19

季節の変わり目は体調を崩す人が多いですね。

あきらかに風邪をひいた、夏の疲れが胃腸にでた、というようなものではなく、身体のある部分にだけ異変が起こる…。

 

そんなときは、ココロからの「気づいて!」というメッセージかもしれません。

 

今回は、身体の不調からわかるココロの声についてお伝えします。

 

検査でも異常がないのに、身体が不調なのはなぜ?

人の身体とココロ(精神)はつながっています。

身体はココロの器、そしてココロは身体を操縦するものです。

たとえると、身体が車とすれば、ココロは運転手であると言えます。

 

車は運転する人がいないと、勝手に動き出すことはありませんよね。

運転手の意志のもとに目的地を決め、目的地に向かってアクセルを踏み、ハンドルを操作して進んでいきます。

 

身体とココロは、まさにこの関係なのです。

 

じつは身体の不調には、ココロが不調なことがとても多いです。

そして、ココロがどういう不調なのかを教えてくれるのが、身体です。

 

それは、自分でコントロールできる事柄に対しての、「気をつけて!今、ココロがこういう状態になっているよ」というメッセージが、病気や疲れ、不調となって現れるのです。

 

ずっと頭痛がひどいのに、病院へ行っても問題はなく、薬を飲んでも効かない…。

腰痛が治らなくて、リハビリに行ったり、湿布を貼ったりしてもずっと痛いまま…。

突然じんましんが足だけに出て、痒くてたまらない…。

 

そんな色々な症状がでているのに、病院で検査をしても「異常はみられない」と言われるときは、自分のココロの状態をチェックしてみることをおすすめします。

 

身体が不調な部位で、ココロの状態をチェック!

身体の特定の部位がとくに原因もわからないのに、ずっと不調が続く…というときは、その部位からココロの状態を見ることができます。

一見不調ともとれる症状も、じつは身体がココロのメッセージを伝えようと頑張ってくれているのですね。

身体には多くの部位があるので、すべてをご紹介しきれませんが、今回はとくによく見られる症状とココロの状態についてお伝えします。

 

●頭痛

頭痛が続き、病院で検査をしたのに原因が特定できず、薬を飲んでも効かない、というときは、「自分の考え方を見直して」「もっと自分を許してあげて」というココロからのメッセージです。

考え方が柔軟でなく、自我に固執していることがありませんか?

 

●目の疲れ、視力低下

目を酷使しているわけではないのに、目が疲れる、視力がどんどん落ちていく…といったときは、「しっかり物事や人を見て」ということ。

反対に、人の嫌なところばかり見えてしまう人には「周りを気にしずぎ」という意味もあります。

 

●鼻づまり

「鼻につく」という言葉があるように、鼻は他人に対して不満を抱いていたり、素直になれないときに、鼻づまりという症状が現れることがあります。

 

●アレルギー

基本的にアレルギーをもつ人は今おかれている環境や、自分そのものに嫌悪感を抱いている場合が多く、その嫌悪感が強くなると自分自身を拒絶する、という形で現れ、それがアレルギーとなって身体にでてくることがあります。

「自分を愛してあげて、もっといたわって」というメッセージです。

 

●咳が止まらない

風邪でもないのに咳がでて止まらない…そんなときは、吐き出したい思いやストレスがあるのに、それができない場合に起こることが多いのです。

我慢するクセのある人は、それすら気づかないで頑張ることが多々あります。

「もっと自分の意見や想いを言っていいんだよ」ということです。

 

●胃痛、下痢など胃腸の不調

胃や腸は色々な思いがたまりやすく、感情とつながっているところです。

「腹黒い」や「腑に落ちる」などの言葉があることからもわかりますね。

感情的な問題を抱えているときに胃や腸のトラブルになって出てくることが多いのです。

 

●じんましん(皮膚アレルギー)

ココロの根底に、人や社会といった自分以外のものに拒絶感がある場合が多く、つまり「肌に合わない」と思っていることから起こります。

 

●腰痛

自分自身の傲慢さから生まれる「怒り」が元で腰痛がある人はとても多いです。

物質的に腰に負担のかかる姿勢を取り続けているわけでもないのに、腰痛が治らないという人は、一度自分が怒っていないか確認してみましょう。

 

●肩こり

自分が背負えるもの以上のものを背負っている可能性があります。人からの評価を気にしすぎて頑張りすぎている人に多く見られます。

 

我慢強い女性はとくに気をつけて…!

このように見てみると、「言われてみれば…」と思い当たることがあるのではないでしょうか?

とくに女性は男性よりも我慢強いこともあり、身体がメッセージを発するまでまったく気づかないという人も多いです。

また、女性特有の部位もあるので、男性とは違うメッセージをココロが伝えようとしている場合もあります。

 

%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b919

 

●冷え性

手や足が冷えるのは、やさしさを忘れているとき。「人にも自分にも温かく接していますか?」というメッセージです。

 

●むくみ

不平不満をためこんで、我慢して外に出せないとき。「自分の人生を生きてる?」というメッセージです。自分の人生が生きられないと不平不満ばかりがたまります。

 

●婦人科系のトラブル

女性でも男性のようにバリバリ社会で働く人が増えている今、婦人科系のトラブルを抱える女性が増えています。

「女性だからこその母性を忘れていませんか?」ということです。男になんて負けない!といった感情を強く持っている人によく見られます。

 

女性の方で、こういった症状がみられる人は、自分が女性であること、女性だからこそ得られるものに今一度立ち返って考えてみるといいですね。

 

このように、不思議なものでココロは身体を通してあなたに色々なメッセージを送ってくれます。

その声を無視して、さらに突き進んでしまうと、最初は小さな不調というメッセージだったのが、どんどん大きくメッセージを強くしてきます。

 

こういうときは、ココロの再確認のとき。

まずは、気づくこと。そして「頑張ってくれてたんだね、ありがとう」と自分をねぎらってあげてくださいね。

 

もちろん、医学的に不調を起こしていることも多いですから、まずは病院へ行きましょう。

そのうえで、どこにも異常がないのに…というときは、「あ、ココロからのメッセージだったんだな」と振り返ってくださいね。

 

name_tsukino

profilepic_tsukinoレディコ(ウーマンライフスタイル研究所)関西代表
女性の自立支援活動を行う中で、身体と精神のバランスが人生に与える影響に着目。溝口式分析学を学び、心理カウンセラー、バイオリズムコーディネーター、ポテンシャルアナライザー、ヒューマニティプロファイラーのライセンスを取得。
精神面と肉体面の細胞パワー(バイオリズム)を活用し、ビジネス・ライフスタイルにおけるアドバイジングを行う。

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

 

バックナンバー

vol.1 心と身体の関係を知って、本当の「健康」を手に入れよう!
vol.2 どうしようもない孤独感に無気力感…。そんなときの過ごし方と考え方
vol.3 いつまでも悩まない。落ち込んだ時の感情を整理し幸せ思考になる方法
vol.4 人間関係によるストレスを劇的に減らす!HAPPYに過ごすための心の整理方法!
vol.5 緊張に負けない!誰にでもできる自分の実力を100%発揮する方法
vol.6 人間関係に疲れたら…。 他人の感情に振り回されず、自分を大切に生きるヒント♪
vol.7 もっとメンタルを強くしたい!誰でもできるメンタルトレーニング、5つのポイント!
vol.8 ペットロスだけじゃない!大切な存在を失くしたロス症状から回復するには
vol.9 愚痴は言ってはいけないもの?新しい環境や人間関係に疲れたらこんな「祭り」を!
vol.10 悪口を言われた、仲間外れにされた…。傷付いた心を修復する方法
vol.11 心が弱くなっているのは、その「姿勢」が原因かも!?姿勢と表情を整えて人生明るくハッピーに!
vol.12 梅雨のせい…?6月に多い身体と心の不調の原因と乗り切り方
vol.13 頑張りすぎるあなたの身体に起こる異変、それはココロからのSOSかも?
vol.14 不安を解消する「魔法の呪文」で、 ココロを支配する不安にサヨウナラ!
vol.15 夏こそストレス解消!寿命が延ばせる究極の「あの場所」へ!
vol.16 もしかして、サザエさん症候群? 1週間を元気ハツラツと過ごす休日の過ごし方
vol.17 誰よりも自分を信じられる自分に!アスリートに学ぶ、負けないメンタル力!
vol.18 他人軸から自分軸で幸せ感度アップ!「自分のことが分からない」を改善する方法
vol.19 身体の不調はココロの不調?身体の部位でわかるココロの声とは
vol.20 仕事を頑張りすぎる人の7つの特徴と、頑張りすぎないための自己対策とは
vol.21 「なんだかうまくいかない…」「不安」そう感じる時期があるからうまくいく!の法則
vol.22 「あの人と一緒にいるのが苦痛…」疲れる人と上手に距離を置いて身体も心も健康に!
vol.23 幸せは自分で感じるもの!幸せから遠ざかる「幸せ恐怖症」克服のヒント

このページの先頭へ