続・こころをほぐす、メンタルヘルス講座

第一印象で人間関係が変わる!自分らしく見せて人気者になるには?

 

第一印象というのは「初めて会った相手に抱く印象」のことですが、人間関係を築いていくうえで、この第一印象は大きな役割を持っています。

 

たとえ第一印象でよくない印象を与えてしまったとしても、その後にいくらでも挽回できると思っていませんか?

実は、第一印象はその人の評価や好感度を大きく左右するので、できれば第一印象からよいイメージを持ってもらうほうが、断然その後の人間関係がスムーズになります。

 

ですから、人見知りする人は、第一印象でちょっとソンをしている可能性があります。

人見知りの人は、初対面の人と会ったときに「おどおど」した印象を相手に与えることが多く、もったいないですよね。

 

なぜおどおどしてしまうのか?

初対面でおどおどしてしまう人は、もちろん人見知りということもあるでしょうが、「自分に自信が持てない」という隠された心理を持っています。

 

自信が持てないから、初対面のときに相手にどう思われるかが心配で、嫌われたくないという心理も働き、自分からアクションを起こしたりすることができません。

 

ですから、初対面の相手に対しては完全に受け身であることがほとんどです。

相手に話しかけられるのを待っていたり、話にも相槌を打つのが精いっぱい、目すら合わせられないこともあります。

 

では、なぜこのようにおどおどしてしまうのでしょうか?

 

大きな原因としては、これまで育ってきた環境にあります。環境によって人格が形成されますが、厳しい両親に育てられたり、学校でスパルタともいえるような指導を受けたり、上下関係のある友人関係の中にいたりした経験のある人は、怒られるということに恐怖心を持っています。

 

誰しも必要以上に怒られると、反射的に謝ったり、他人の顔色をうかがうことが習慣になってしまい「人は怖い」と認識するので、無意識のうちにおどおどした性格が形成されていくのです。

 

おどおどしてしまう人は、自分に自信がなく、人を恐れていたり、人に嫌われたくないという気持ちの強い人であることが分かります。

 

おどおどしている人が持っている、ある心理とは?

おどおどしている人は、一般的に気が弱く、自分の意見が言えず、人と争うことが苦手…といったイメージがありますが、実はおどおどしている人にはある心理が隠れていることがあります。

 

人は、自分が思っていることは、他人もそう思っているように感じるという心理を持っています。

 

たとえば、「目立つ人が嫌い」と思っている人は、自分が目立つと人に嫌われると思っていたり、「バカにされたくない」と思っている人は、人は自分をバカにしているのではないか?と常に気になる、といったようにです。

 

つまり、相手が自分のことをどう思っているかという事実ではなく、「自分がそうだから、相手もきっと自分のことをこう思っているのだろう」と思い込んでしまうということです。

 

おどおどしている人は自分が初対面で相手を値踏みするように見ているので、自分も相手からそのように見られると思い込み、さらに緊張して人見知りをする…という悪循環に陥っているのです。

 

今すぐできる!驚くほど第一印象が変わる方法

性格そのものをすぐに変えることは難しいですが、第一印象をガラリと変える、誰でも今すぐにできる方法があります。

 

第一印象がおどおど…だったのが、これらを行うことでずいぶん印象が変わります。

 

・外見を整える

外見とは、服装や髪型で、これらは誰でもすぐに変えることができますね。基本は「清潔感」です。高級なものを身にまとう必要はありません。あなたらしさを取り入れたベーシックなものでOKです。

 

・明るい笑顔で!

笑顔は好感度バツグンですから、初対面の人に会うときは笑顔をモットーに!なかなか緊張して笑顔になれない人は、鏡の前で笑顔の練習をしましょう。スマイル0円、好感度◎ですよ。

 

・姿勢を意識して

猫背だったり、うつむき加減の姿勢は、人によい印象を与えず、暗い印象になってしまってもったいないですよ。背筋を伸ばして、大きく息をして胸の位置を高くするように意識してみてください。

 

・相手の目を見てリアクションを

人の目を見て話しましょう、というのは人と話すときの基本。目をじっと見るのではなく、微笑みを作れば自然と目が優しくなります。その優しいまなざしで相手の目の少し下を見るようにするといいですよ。

 

・相手に聞き取れる声のトーンを意識して

ボソボソ声は聞き取りにくく、陰気な印象を与えてしまいます。いつもの声のトーンをほんの少し高めにして、相手にしっかりと届くことを意識して話しましょう。

 

少しずつ初対面でのよい経験を積んで!

人には自分が思っていることは、他人もそう思っているように感じるという心理があるとお伝えしましたが、第一印象を変える努力をし、初対面でのよい経験を積めば自分の意識が変わります。

 

「人のよいところを見つけよう」と自分が思って相手を見るようにすれば、自分も相手から初対面のときにそのように見られるとポジティブに捉えられるようになります。

 

「あ、この人きっといい人だな」と思ってもらうのは、実はそう難しいことではありません。

 

第一印象でよい印象を持ってもらえれば、そのあとのお付き合いもとてもスムーズになります。

初対面でよい関係の第一歩が築けたら、その人がまた新たに人を紹介してくれ、気づけばあなたもたくさんの人に囲まれる人気者になるのも夢ではありませんよ!

 

心理カウンセラー・ヒューマニティプロファイラー 月野るなさん

ルナリバティ代表

女性の自立支援活動を行う中で、身体と精神のバランスが人生に与える影響に着目。溝口式分析学を学び、心理カウンセラー、バイオリズムコーディネーター、ポテンシャルアナライザー、ヒューマニティプロファイラーのライセンスを取得。

精神面と肉体面の細胞パワー(バイオリズム)を活用し、ビジネス・ライフスタイルにおけるアドバイジングを行う。

 

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

 

バックナンバー

vol.1 もう子どもに怒りたくない!イライラしない子育てのススメ

このページの先頭へ