続・こころをほぐす、メンタルヘルス講座

昭和世代が理解できない…!世代ギャップでストレスを溜めない、賢い付き合い方を知ろう

令和の時代になったとはいえ、今の社会を支えているのは昭和世代と平成世代といわれる2つの世代です。

いつの世も必ず起こるのが「世代(ジェネレーション)ギャップ」。

 

お互いの世代の考え方や行動が理解できない…と、職場などでストレスになるケースが多く見られます。

 

 

今回は、そのような世代ギャップでストレスを抱えている平成世代の若い人たちに、理解不能とさえ思える昭和世代との、賢い付き合い方をお伝えします。

 

世代間のギャップは古代エジプトからすでにあった…!

平成の時代は、昭和から続く「働き方」が大きく変化した時代です。

そのように働き方が激変したにもかかわらず、依然として残る昭和の古い組織体制や考え方についていけない…という若い世代は多くいます。

 

『木綿以前の事』(柳田国男著)の本の中にこんな記述があります。

約四千年前のエジプトの壁画にも「近頃の若い者は……」と書かれているというのです。このように、古代から世代間の考え方にギャップがあったということは、「世代(ジェネレーション)ギャップ」はいつの時代にも必ず起こると言えます。

 

今でこそ平成世代から煙たがられる昭和世代ですが、昭和の時代にも「新人類」と呼ばれた世代がいました。

この新人類と呼ばれた世代は、1980年代の若者を指す言葉ですが、意味は今の「ゆとり世代」と同じようなものです。

 

昭和世代=新人類世代!?

面白いことに今「昭和世代の価値観や思考が古くてついていけない」と言われている昭和世代に、この新人類と呼ばれた世代が多くいるのです。

この新人類世代がいまや管理職についているわけです。

 

ですから、この世代と上手に付き合うには、まずはこの新人類と言われた昭和世代のことを知っておくと、より理解が深まります。

 

今の管理職世代である、新人類世代が会社に出た頃は、80年代の栄光の時期でバブル経済の時期とも重なっています。

この頃は、日本企業も絶頂期で、就職すればまず安泰でした。

ですから、会社に対する信頼感も厚く、縦社会への順応力も高く、いわゆる昔ながらの日本企業にうまく適応している世代と言えます。

 

この昭和世代をよく表しているのが、89年の流行語にもなった、ドリンク剤のCMで有名な企業戦士をイメージする「24時間戦えますか」ですね。

 

平成世代からは、与えられた仕事をがむしゃらにこなしてきた世代と見えるのではないでしょうか。

そして、それを今だに自分たちに強要する…とも。

 

では、そんな昭和世代とどのように付き合っていくとよいのでしょうか。

 

まずは苦手意識を減らそう

前述したように、昭和世代とは生まれ育って来た時代背景がまったく違うということが分かると思います。

時代背景が異なれば、価値観もまったく異なります。

価値観が異なれば、なかなか理解しようとしても難しいですね。

 

昭和世代はいわゆる精神論。我慢や努力が経済的に豊かに繋がるという価値観でした。

 

しかし今の平成世代は、将来が不安で未来の見通しが明るいとは言えないからこそ、目の前の自分にとっての幸せを大事にしたい、という価値観。

経済的にも、自分と家族がそこそこ幸せに生きていけるだけがあればいい、と思っている人が多く、物欲も昭和世代に比べて少ないと言います。

 

それほどまでに価値観が違うのですから、「100%理解し合おう」とするのは無理があるもの。

それなら、無理をして分かり合おうとしてストレスを日々溜めるよりは、まず「苦手意識を減らす」ことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

「昭和世代」という国の人だと思ってみよう

では、どのようにして苦手意識を減らすかというと、おすすめの方法があります。

それは、「昭和世代」という国の人だ、と思うことです。

 

同じ日本人と思うから、価値観が違うことに余計にストレスを感じるのではないでしょうか。

しかし、外国の人だと思ってしまえば、

 

  • 言葉が通じなくて当たり前
  • 価値観が違って当たり前

 

と素直に思えるのではありませんか?

 

つまり、異文化交流です。

 

例えば海外へ交換留学生として自分は来ている、という感じです。

その国のマナーを覚えて、そのマナーに従う。当然ですが、海外で「日本はそんなやり方じゃなかった!」など言ってやり方を押し通すようなことはしませんよね?

 

最初は不便だと思っていたことでも、「ここは海外で日本じゃないから」と思えば、意外に慣れてしまうし、むしろその方が効率的だったりして「以外にこれいいじゃん!」となることも多くあるはずです。

 

昭和世代という国の人と思って異文化交流を積極的にしてみれば、このように「面倒くさいと思っていたけど、意外にうまくいくなぁ」とか、新たな発見があるかもしれません。

 

このように、昭和世代の価値観を理解する努力や、平成世代の自分の価値観を理解してもらう努力もしていきましょう。

 

懐に入ってしまえば可愛がってくれる昭和世代

昭和世代も、本当はもっと理解したいと思っているでしょうし、できれば信頼関係を築きたいと思っているはずです。

 

しかし、その方法はかつて自分が上司にしてもらったようなやり方しか知らないのです。

それを「面倒くさい」「絡みにくい」とシャットアウトするのは、もったいないと思うのです。

 

なぜなら、昭和世代は人情の世代。

懐に入ってしまえば、本当に可愛がってくれる人が多いですよ。

 

いつかは我が身。世代の違いを知ってポジティブに付き合おう!

「昭和世代だから」という決めつけで遠ざけてしまうのは、もったいないですね。

 

話が通じなかったり、自分の常識ややり方を押し付けてきたりする上司を理解するためには、彼らが今のあなたと同じ年代だったころの背景を知り、そもそもの違いを知ること。

 

そして、「昭和世代は老害」というような壁をつくらずに、「もう世代が違うのだから、接し方を変えてみよう」と上手にシフトチェンジし、スルリと懐に入ってみれば、新たな関係が生まれるかもしれません。

 

そもそも人は1人ひとり違うからこそ面白いのです。

世代の違いを知ってポジティブに異文化交流をしてみましょう!

 

そういうあなたもいつかは我が身です。

「平成世代は…」と言われるときが、いつかは来ます。

そのとき、「令和世代は分からない」と嘆くのではなく、また新たな異文化交流を楽しんでくださいね。
☆こちらの記事もおすすめ↓↓

自分の仕事がはかどらない…。イライラする…!ダメダメな新人、どう育てる?

 

心理カウンセラー・ヒューマニティプロファイラー 月野るなさん

ルナリバティ代表

女性の自立支援活動を行う中で、身体と精神のバランスが人生に与える影響に着目。溝口式分析学を学び、心理カウンセラー、バイオリズムコーディネーター、ポテンシャルアナライザー、ヒューマニティプロファイラーのライセンスを取得。

精神面と肉体面の細胞パワー(バイオリズム)を活用し、ビジネス・ライフスタイルにおけるアドバイジングを行う。

https://ameblo.jp/tsukino-luna/

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

バックナンバー

vol.1 もう子どもに怒りたくない!イライラしない子育てのススメ
vol.2 第一印象で人間関係が変わる!自分らしく見せて人気者になるには?
vol.3 「職場の人間関係」で、社会人としての成長度がグンと変わる!自己成長のためのポイントとは?
vol.4 SNSがあなたの自信を崩壊させる!?自信を育てたいときは情報を断捨離しよう!
vol.5 あの人が羨ましい…!人と比較して嫉妬に苦しむあなたに伝えたい「嫉妬をバネにする3つの方法」
vol.6 ゲーム大好きな人は要注意!?やる気が出ないのは、セロトニン欠乏脳かも?
vol.7 身近な人間関係がうまくいくコツ!喜んでもらい、自分も喜べる循環を作ろう
vol.8 ストレス発散のつもりの悪口が、逆にストレスを大きくしているって本当!?
vol.9 自分の仕事がはかどらない…。イライラする…!ダメダメな新人、どう育てる?
vol.10 「自分の意見が言えない…」職場での人間関係をよくする伝える力の磨き方
vol.11 自分の人生は、自分で決めて生きる!「依存体質」から抜け出し、自分自身を取り戻そう
vol.12 寒くなると気持ちが落ち込む「冬季うつ」を吹き飛ばそう!北欧の人に学ぶ「幸福感」とは?
vol.13 人生開運3つのポイント!これを忘れなければ運は開ける
vol.14 素直じゃない人は要注意!素直になれば恋愛も仕事も、人生すべてがうまくいく!
vol.15 なんとなく不安、毎日おもしろくない…。ストレス社会に打ち勝つ5つの方法
vol.16 やる気が出ないから仕事がはかどらない…!やる気スイッチを入れるたったひとつの方法とは
vol.17 「孤独」を楽しみ、人生の糧にしよう!寂しさに負けないための過ごし方
vol.18 免疫力を高め、強い身体づくりに必要なのは「楽しい」をイメージする力!
vol.19 昭和世代が理解できない…!世代ギャップでストレスを溜めない、賢い付き合い方を知ろう

このページの先頭へ