続・こころをほぐす、メンタルヘルス講座

寒くなると気持ちが落ち込む「冬季うつ」を吹き飛ばそう!北欧の人に学ぶ「幸福感」とは?

日本には四季があり、季節の変わり目には景色が移り変わり、風のにおいまで変わっていく感じがしますね。

そんな季節の変化を感じるとき「日本人でよかった」と思うことも多いのではないでしょうか?

 

しかし、冬になると気持ちが落ち込む、やたら寂しくなる、やる気が出ない、外に出たくない、などの症状が毎年現れるなら、もしかしたらそれは「冬季うつ」かもしれません。

 

 

今回は、そんな寂しい気持ちになりやすい寒い冬の季節に、幸福感を高めるメンタルのお話です。

 

 

冬季うつってなに?

うつ病には色々な種類がありますが、最近「冬季うつ」(冬うつ)という言葉をよく見かけるようになりました。

 

冬季うつは「季節性感情障害」に分類される、季節の変化によって引き起こされるうつ病の一種です。

この「冬季うつ」は、名前の通り冬になると発症し、気温が上がる春~夏になると治ってしまうという特徴があります。

 

このように冬季うつは、時間が経つと回復していくため、自分が冬季うつと自覚していないことも多いのです。

「毎年、秋から冬になると、気持ちが落ち込み、やる気が出なくなる」

という方は、冬季うつにかかっている可能性もあります。

 

冬季うつの症状は、ほぼうつ病と同じです。

 

  • 気力や集中力が落ちる
  • とくに午前中にやる気が出ず、気分が落ち込む
  • イライラや不安感がひどくなる
  • 物事を楽しめなくなる
  • 人と会いたくない

 

といった症状が出ます。

このほかに、冬季うつの症状の特徴として

 

  • 炭水化物や甘い物が異様に欲しくなる
  • いくら寝ても眠く、過眠傾向になる
  • 朝起きるのがとてもつらく、日中の眠気が強い

 

といった「過食」や「仮眠」の症状が出やすいとされています。

 

 

冬季うつになる原因は

冬季うつは、日照時間が短くなることが一番の原因であると言われています。

寒くなる時期に発症すること、高緯度地域(寒い地方)における発症率が高いことから、このように考えられています。

 

冬場は太陽が出ている時間が短く、太陽光にあたる時間がどうしても少なくなります。

すると、神経伝達物質であるセロトニンが減って脳の活動が鈍くなり、身体のリズムが狂ってしまうのです。

 

このセロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれていて、リラックス、安心感、幸福感などをもたらしてくれます。

このセロトニンが減少することで、前述したような冬季うつ特有の症状が表れるのです。

 

とくに年末年始は、会社も長期休業に入るため、仕事のスケジュールが過密になる傾向があり、忙しくなることが多いですね。

また、忘年会などのお付き合いの機会も増え、飲酒や帰宅が遅くなるなど、疲れを溜めやすい状態でもあります。

 

気持ちが落ち込み、いつもなにかに追い立てられているようなイライラ感からなかなか抜け出せず、仕事もしんどいという状況に陥りやすいこの時期だからこそ、冬季うつにならないよう、自分で工夫して過ごすことが大切なのです。

 

 

冬季うつにかからないために意識して行いたいこと

寒くなると、つい背中を丸めてため息をついてしまったり、休日は自宅に引きこもり食べて寝てを繰り返す…という生活になりがちですが、冬季うつにかからない心と身体をしっかりと作ることが大事です。

 

そのためには、

  • 太陽光を浴びることを心がける
  • 睡眠不足にならない、規則正しいリズムで生活する
  • バランスのとれた食事を摂る
  • 人とのつながりを大切にする

 

の4つをとくに心がけてください。

 

寒いけれど、体温を逃さない工夫をして、例えばランチタイムは外に出る、休日は友人と出かけたり、朝日を浴びて起きれるように夜は早めに寝る、外食でもバランスを考えて食べるなど、日頃から少し気をつけているだけでも大きく違ってきます。

 

また、人は孤独を感じると幸福感が薄れ、自暴自棄な気持ちになりがちです。

人とのつながりを大切にすることで、自分は一人ではない、誰かに必要とされているという幸福感を持てるようになります。

 

幸福感が高い人は、心の病にかかりにくいのです。

 

 

なぜ、北欧の人は幸福感がとても高いのか?

北欧の国は、冬になると極寒になり、日照時間も少なく、どうしても家で過ごすことが多くなります。

 

しかし、北欧の国の人は「自分は幸せである」と感じている人が多いのだそうです。

その理由が「家族がいるから」というもの。

つまり、家族が一番と言える人たちは、幸福度指数が高いと言えます。

 

冬になると流れるテレビCMに、寒い外から帰って来ると家に暖かい灯りがあり、ドアを開けると家族が笑顔で迎えてくれる。

そして、家族で笑いながら食卓を囲む…というものがよくあります。

 

どんなに仕事がきつくても、嫌なことが外であっても、我が家に帰れば迎えてくれる人がいる。

そんな心の絆が幸福感に直結しているのでしょう。

 

 

「暖かさ」は「ココロの温かさ」に繋がる

冬の時期、日照時間が短く曇りがちな日が続く北欧の国。

北欧のインテリアは、日本でもデザイン性が高く人気ですね。

長い時間を家で過ごす北欧の人達は、明るいインテリアなど、家の中を明るくすることで気持ちをハッピーにします。

 

冬には当然家の中で過ごす事が多くなるので、家族とともに過ごせる家をとても大切にしているのです。

 

部屋に明るい灯りをともし、気持ちが明るくなるインテリアで整える。

そして、友達を招いて楽しい時間を過ごすことも多いそうです。

 

ある取材で北欧の人たちに「何か欲しいものはありますか?」という質問をしたところ、その答えに物質的な「モノ」をあげる人がほとんどおらず、かわりに「家族の健康」や「友人など周りの人の成功」「子どもの安定した将来」などといった回答が多かったそう。

 

そんな回答が多いのも、家族や仲間たちとの絆を深める時間を大切にしているからこそ、と言えます。

 

自分たちが過ごす場所の「暖かさ」は、「ココロの温かさ」に繋がるのですね。

 

日本の冬というと、こたつに入って家族で鍋を囲むということもよくありますが、そんな時間を意識して作っていくと冬季うつにもかからないかもしれません。

 

 

体温を感じる交流を!

寒いからこそ、身体と心に染みわたる「暖かさ」。

それは、なんといっても「肌の温もり」です。

 

家族やペット、大切な友人やパートナーと、体温を感じる距離で寄り添って寒い冬の日を過ごす機会を作りましょう。

 

心が幸福感で満たされていれば、寒い冬の日々も温かな気持ちで過ごせることでしょう。

 

心理カウンセラー・ヒューマニティプロファイラー 月野るなさん

ルナリバティ代表

女性の自立支援活動を行う中で、身体と精神のバランスが人生に与える影響に着目。溝口式分析学を学び、心理カウンセラー、バイオリズムコーディネーター、ポテンシャルアナライザー、ヒューマニティプロファイラーのライセンスを取得。

精神面と肉体面の細胞パワー(バイオリズム)を活用し、ビジネス・ライフスタイルにおけるアドバイジングを行う。

https://ameblo.jp/tsukino-luna/

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

バックナンバー

vol.1 もう子どもに怒りたくない!イライラしない子育てのススメ
vol.2 第一印象で人間関係が変わる!自分らしく見せて人気者になるには?
vol.3 「職場の人間関係」で、社会人としての成長度がグンと変わる!自己成長のためのポイントとは?
vol.4 SNSがあなたの自信を崩壊させる!?自信を育てたいときは情報を断捨離しよう!
vol.5 あの人が羨ましい…!人と比較して嫉妬に苦しむあなたに伝えたい「嫉妬をバネにする3つの方法」
vol.6 ゲーム大好きな人は要注意!?やる気が出ないのは、セロトニン欠乏脳かも?
vol.7 身近な人間関係がうまくいくコツ!喜んでもらい、自分も喜べる循環を作ろう
vol.8 ストレス発散のつもりの悪口が、逆にストレスを大きくしているって本当!?
vol.9 自分の仕事がはかどらない…。イライラする…!ダメダメな新人、どう育てる?
vol.10 「自分の意見が言えない…」職場での人間関係をよくする伝える力の磨き方
vol.11 自分の人生は、自分で決めて生きる!「依存体質」から抜け出し、自分自身を取り戻そう

このページの先頭へ