続・こころをほぐす、メンタルヘルス講座

ストレス発散のつもりの悪口が、逆にストレスを大きくしているって本当!?

体調不良の大きな原因になる「ストレス」。

ストレスの最もたる原因は、人間関係において感じるストレスが多いのだそうです。

 

誰しも苦手だと思う人や、嫌いだな~と思う人は1人や2人はいると思います。

そして、その人のことを悪く言うつもりがなくても、つい……ということもあるでしょう。

 

 

今回は、その悪口を言うことが自分自身に与える影響について考えてみましょう。

 

つい言いたくなる悪口

日頃から特定の人に対し、不平不満を抱えている人は、なにかの拍子につい悪口を言ってしまうこともあるかと思います。

 

とくにその感情を理解してくれる人がいれば、つい聞いて欲しくなることもあるでしょう。

 

また友人同士などで集まったとき、そこにいない特定の人の話になり、気が付けば話の方向が悪口のようになっていた……ということだって。

 

悪口は、その根底に色々な感情が絡み合っているものがあるから出てくるので、人である以上、そういった感情に囚われ、つい悪口を言いたくなることもあります。

 

「悪口を言ったあとは、スカッとする!」

と悪口を存分に言ったあとは気持ちが軽くなったように思うので、悪口を言うことはストレス発散行為と捉える人も多いでしょう。

 

 悪口を言ってしまう人の特長

悪口を言ってしまう人は、なぜ悪口を言ってしまうのでしょうか?

 

悪口を言ってしまう人は、「自分が人から悪口を言われないように頑張っている人」が多いです。

弱い犬ほどなんとやら、と言いますが、人から攻撃される前に自分が先に攻撃し、自分への攻撃の目をそらしているとも言えます。

 

また、「~してはいけないというルールを持っている人」、つまり完璧主義者であることも多いです。人の弱いところ、ダメなところを許せないのですね。

 

「実は悪口を言っている相手を羨ましいと感じている人」もいます。その人に対し、劣等感を感じるので、悪口を言うことで自分が優位に立とうとしていると考えられます。

 

ストレスを発散しているつもりが……

こういったことは悪口を言っていることで、ストレスを発散しているつもりが、

実は知らず知らずのうちにあなたの脳にダメージを与えている可能性があります。

 

たとえば、「○○さんって仕事はできないくせに偉そうだし、自分の意見を押し通すし、一緒に仕事をしていると本当に腹が立つ……」ということを言ったとすれば、仕事ができないくせに偉そうなのも、自分の意見を押し通すのも、本来○○さんのことです。

 

しかし、脳は主語(この場合○○さん)を理解しないので、これらのことを全部「自分のこと」として受け入れています。

 

脳は、あなたが○○さんのことを悪く言っていると認識しておらず、仕事ができないくせに偉そうなのも、自分の意見を押し通すのも、あなたのことと認識しているのです。

 

そうすると、脳は「ストレス」を感じてしまうのです。

 

悪口ばかり言う人は人から敬遠される雰囲気になってしまう

あなたの周りにもいませんか?

なぜか人の悪口を言ってばかりの人。

 

その人が人の悪口を言っているときの顔をジッと観察してみてください。

いわゆる「悪い顔」になっていることに気付くかと思います。

 

そのうちに、その表情が固定されていくので「あの人には近づかない方がいいな」と人から敬遠される雰囲気をまとうようになります。

 

常に不平不満を言っている人の脳はストレスで一杯です。

脳は、その不平不満を全部「自分のこと」として捉えているので、他人の悪口を言っているつもりが、全部自分へ跳ね返ってしまっているからなんです。

 

悪口を言い続けると早く老ける…!?

ストレスを感じると、ストレスホルモンのコルチゾールが大量に放出され、この状態が続くと、ストレスで脳にダメージがある、ということが分かっています。

 

そして、不安やストレスを感じている状態が続くと、脳が正常に機能しなくなるんです。ストレスは脳や身体にダメージを与え、老化につながってしまいます。

 

しかも、悪口は言っている本人だけでなく、聞いている人にまで悪影響を及ぼすこともあるんです。

 

よく妻が帰宅した夫に、今日会った嫌なこと、人の悪口を言う……ということを聞きますが、これって夫をストレス地獄に陥れていることになりますね。

夫に出世して欲しいなら、絶対これはやってはいけないことです。

 

また、悪口ばかり言っていると、思考回路もどんどんマイナスになってしまい、前向きなやる気を失わせてしまうこともあります。

 

自分にも人にもストレスを与えない発散方法

とは言え、どうしても悪口やグチを言いたくなることはありますよね!だって、人間ですもん!

 

吐き出さないと、自分の中がドロドロになってしまう感覚になっちゃいます。

そんなときは、やはりこれ!

 

>>愚痴は言ってはいけないもの?新しい環境や人間関係に疲れたらこんな「祭り」を!

愚痴は言ってはいけないもの?新しい環境や人間関係に疲れたらこんな「祭り」を!

 

周りを巻き込んで、ドロドロ不愉快になるのではなく、

「さぁ、今から吐き出すよ!」と愚痴を吐き出して「話した後はスッキリする」と目的意識を持って聞いてもらう会を催すのです。

 

これなら、言ったほうも後から「人の悪口を言ってしまった……。嫌われなかったかな」と心配になったり、「なんて私は嫌なヤツなんだ」と自己嫌悪に陥ることもなく、「そういう場」ということで、流してしまえますね。

 

できれば、主語を理解できない脳のために「アイツなんて死ねばいいんだ」「ブスのくせに!」というような過激な言葉を使うのはやめましょうね。

 

そして、悪口を言いたくなるくらい嫌な人間関係なら、こういう方法もおすすめです。

>>「あの人と一緒にいるのが苦痛…」疲れる人と上手に距離を置いて身体も心も健康に!

「あの人と一緒にいるのが苦痛…」疲れる人と上手に距離を置いて身体も心も健康に!

 

 

心理カウンセラー・ヒューマニティプロファイラー 月野るなさん

ルナリバティ代表

女性の自立支援活動を行う中で、身体と精神のバランスが人生に与える影響に着目。溝口式分析学を学び、心理カウンセラー、バイオリズムコーディネーター、ポテンシャルアナライザー、ヒューマニティプロファイラーのライセンスを取得。

精神面と肉体面の細胞パワー(バイオリズム)を活用し、ビジネス・ライフスタイルにおけるアドバイジングを行う。

https://ameblo.jp/tsukino-luna/

 

日々の役立つ健康情報を配信中 サンクロレラのFacebookはこちら

バックナンバー

vol.1 もう子どもに怒りたくない!イライラしない子育てのススメ
vol.2 第一印象で人間関係が変わる!自分らしく見せて人気者になるには?
vol.3 「職場の人間関係」で、社会人としての成長度がグンと変わる!自己成長のためのポイントとは?
vol.4 SNSがあなたの自信を崩壊させる!?自信を育てたいときは情報を断捨離しよう!
vol.5 あの人が羨ましい…!人と比較して嫉妬に苦しむあなたに伝えたい「嫉妬をバネにする3つの方法」
vol.6 ゲーム大好きな人は要注意!?やる気が出ないのは、セロトニン欠乏脳かも?

 

このページの先頭へ