目指せ人生最高Body宅トレMovie

美しいウエストラインを作る!腹斜筋を伸ばすストレッチ

こんにちは。パーソナルトレーナーの箕浦(みのうら)です。

 

今回は【腰のくびれをつくるストレッチ】をご紹介します。

 

腰のくびれをつくるには、腰まわりの筋肉(腹斜筋)の柔軟性をあげることがポイントになります。

腹斜筋を使うことで上半身の体幹が整い、ウエストラインが美しくなります。男性の場合もメリハリのある体には必要不可欠な筋肉なので、ストレッチでしっかりほぐしていきましょう。

 

今回のストレッチは椅子に座って行うストレッチです。

床やマットでも可能ですが、椅子に座ることによりバランスが保ちやすく安定してストレッチができます。

 

では、今からコチラの動画を参考に最後まで一緒にやってみましょう!

 

 

 トレーニング方法

足幅は肩幅くらいをキープ。

体を回す時に視線を後ろに向けていくと体が自然と回転しやすくなります。

息を吐きながら体をゆっくり回転してきましょう。

 

腰や背中にストレッチが効いていることを感じたら、そこから10秒キープしましょう。

 

反対側も同じように左右交互に行い、これで1セットとなります。

 

※椅子がない場合、床やマットなどでも可能ですが体が固い方は体が回りにくいことによる腰痛に注意してください。

 

トレーニングのセット数・時間等

1回、2~3セットを目安に行ってください。

1日でのストレッチ頻度は3~4回

4時間に1回できればベストです。

 

デスクワークの合間などに行うことで、腰のコリの改善にもつながります。

なかなか時間のとれない方は起床後、お風呂上がりの朝晩1回ずつ、2回していただくだけでも効果はあるので気軽に始められます。

筋トレはしんどいけどストレッチならできそう!という方にオススメです。

是非、こちらの動画を参考に実践してみてください♪

☆こちらもおすすめ

お腹、ウエストの引き締めに!舟のポーズ〜ナヴァーサナ〜


 

パーソナルトレーナー 箕浦啓二朗さん

開業当初からHPなど広告費を一切かけず、わずか1年で『京都パーソナルジム部門』口コミNo.1にまで登りつめたSTANCE GYM京都 代表。整骨院勤務の頃からボディメイクに励みコンテスト優勝、入賞経験多数あり。

『#トレーニングは歯磨き』をモットーに、トレーニング=体磨きも歯磨き同様に継続することで【より良い生活】を維持できる!を公言し、予約の取れないパーソナルジムにまで成長。

2020年に『健康と美容』をデザインする地域最大の最新複合施設フィットネス型美容鍼灸【STANCE DESIGN】を開店。

STANCE DESIGNホームページ

YouTubeはこちら

 

このページの先頭へ