教えて達人!あなたの健康習慣

京都ハンナリーズ 岡田優介選手《前編》「簡単だったら面白くない!あえて難しい目標設定を。」

いろんな業界の第一線で活躍されている達人に、日頃の健康習慣についてインタビューする「教えて!あなたの健康習慣」。第四回目のゲストは、プロバスケットボール選手でありながら、公認会計士の資格もお持ちの京都ハンナリーズ 岡田優介選手です。

 

『今回の達人』

京都ハンナリーズ所属
岡田 優介(おかだ ゆうすけ)選手

プロフィール
1984年9月17日生まれ。東京都出身。
2002年 U-18日本代表(FIBAアジアジュニア大会5位)
2007年 U-24日本代表(ユニバーシアード4位)
2007~2014年 トヨタ自動車アルバルク
2009年 日本代表 (東アジア大会2位/FIBAアジア選手権10位/東アジア競技大会3位)
2010年 日本代表 (アジア競技会4位)
公認会計士試験に合格
2013年 日本代表
2014年 つくばロボッツ
2015年 広島ドラゴンフライズ
2015~2016年 千葉ジェッツ
2016年〜現在 京都ハンナリーズ

 

 

——— まず、バスケットボールを始めたきっかけを教えて下さい。

 

岡田優介選手(以下、岡田) 兄がやっていたのと、あとは漫画ですかね。スラムダンクが当時流行っていたのでその影響が大きかったです。

 

——— 子供の頃から運動神経は良かったですか?

 

岡田 多分良かった方だと思いますね。足が結構速かったので。

 

——— 背は高い方でしたか?

 

岡田 背も高かったですね。背の順も、一番後ろでした。

 

——— 子どもの頃の食生活で気をつけていたこととか、特に好きでこれを食べていたという物はありますか?

 

岡田 一般的な家庭でしたので、食事は普通の家庭のごく普通のご飯でした。特に好きで食べていたものといえば、コーンフレークですかね。牛乳をたっぷりかけて朝ごはんに食べていました。

あとは、中学生の時には、試合の後とかに、ビタミンCの粉、いわゆるサプリメントっていうんですかね、ブームになる前から飲んでいました。

 

——— 子どものときに、サプリメントを摂るというのはなかなか珍しいですね。どなたかに教えられて摂るようになったのですか?

 

岡田 いえ、誰かに教えられてというわけではなく、自分で調べて、ここぞというときに飲んだりしていました。試合の前とか、マラソン大会の前とかですね。少しでも良いと思うものは試していました。今も、少しでもプラスにしていこう、少しでもいいパフォーマンスを出したいと考えたら、自分で調べたりしますね。そういう心は常に持っているので、子供の頃からそういう思いは持っていたっていう感じですね。

 

 

——— すごいですね。子供の頃から栄養を気にする方はあんまりいらっしゃらないですよ。

 

岡田 バスケットボールのノウハウ本みたいな、とは言え専門書的な難しい本ではなく一般的な本なんですけど、それを子どものときに読んだら書いてあったんです。普通のスキルについて書いてたり、メンタルについて書いてたり、そして最後にちょっと栄養についても書いてあったんです。多分一般的な知識なんですけど、それがバスケ選手になるために必要なことだ、みたいな感じで子どもの頃からやっていました。

 

 

——— プロバスケットボール選手になりたいなと思われたのはいつ頃ですか?

 

岡田 バスケットボールを始めたときからです。ですから、プロバスケ選手になりたいと思ったのは小学生の高学年です。

 

——— すぐに、プロ選手になろうと思われたんですね。

 

岡田 なろうと思いました。バスケを始めるということはもちろんバスケ選手になりたいという思いがあるから始めたので、だから早い段階からやると決めていました。

 

——— 自分がなれるなっていう確信というか自信みたいなものはありましたか?

 

岡田 まぁ、そこはまだ子供だったのでわからないんですけど、絶対なるんだみたいな感じでは思っていました。夢新聞みたいなの書くじゃないですか、小学生の時に。そこに、僕の夢はバスケ選手になるということは書いていますね。

 

——— なかなか小学校時代の夢が叶う方って少ないですからすごいですよね。

 

岡田 本当に好きな事をずっと続けられて幸せだなと思います。真面目なんです、一途なんですよ(笑)

 

——— 学生時代は学業とバスケットボールとの両立って大変ではなかったでしょうか?

 

岡田 そんなに大変とは思わなかったですけど。自分であえて難しい事にチャレンジしようっていう思いがあったので、大変になるように頑張ったって感じすかね。

 

——— あえて大変になるようにですか?

 

岡田 そうですね。簡単だったら面白くないし、簡単に達成できる事は退屈だと思うので、難しい事を目標に設定してやっていました。

 

——— なかなかスポーツと勉強を両立させられる方って少ないと思うのですが何かコツはありますか?

 

岡田 コツは、負けず嫌いであることです。なんでも1番になるんだっていうこと。負けず嫌い、それが子供の頃からありました。日本人はみんな平等が大好きですけど、僕は競争すべきだと思っているので、それはもう子供の頃からやるからには全部勝負事だと思って一番を取りにいったっていう事ですね。

 

——— 勉強でも一番?

 

岡田 勉強でも一番になりたいしバスケでも一番になりたかったし。まぁ、子供ですからね(笑)今はね、もう敵わないなっていう、例えばじゃあそのお医者さんに医学で勝てるかって言われたら勝てないし、いろんな分野で専門家の方がいるので無理だってわかっていますけど、子供の頃っていうのはそんな無理とか思う必要は無いと思っていて、何をやるにも自分が一番っていう思いは持つべきだなって思います。だから純粋にそういう風にやっていただけです。

 

 

——— では、もしバスケットボール選手になっていなかったら今どんな仕事をしていたと思われますか?

 

岡田 うーん、何でしょうね。難しいんですけど、何かしら自分でやっていたと思います。自分で起業しているかなと思いますね。

 

 

——— 昨年から京都に来られて、京都はいかがですか?

 

岡田 京都にはいろんな場所があるし、僕はすごい住みやすいと思います。あとは行くところも沢山あるので。毎日が観光かな(笑)。1オフ1観光ぐらいを目指して有名どころから行ってるんですけど、まだまだ行ききれないぐらいいろんなところがあるから、すごい良いです。

中学校の修学旅行で来た時はなんとも面白くもなかったんですけれども、少し大人になって落ち着いてくるとやっぱり京都の良さが分かるというか、すごいその良さを感じるようになりました。いろんな京都らしさというか歴史を感じるような事もあるし、美味しい食べ物もあるしとても良いと思います

 

——— 京都のハンナリーズファンの方はいかがですか?

 

岡田 ハンナリーズのファンはすごい熱いですよね。びっくりしました。一人一人の持つパワーというか。

ただ、残念ながら、試合の入場者数はまだまだ少ないんです。ただ会場の雰囲気っていうか、他のところとは全然負けてないなっていうか、一人一人のブースターさんたちが非常に声を出しますし、アウェーでも結構それなりの数の方が来てくださって、チームにとっては心強い味方となって応援してくれています。

 

——— やはり声援というのは励みになりますか?

 

岡田 なりますねやっぱり。追い上げのムードとかね、去年も幾つか逆転勝ちするようなシーンもあったんですけど、やっぱりブースターさん達が会場の雰囲気を作ってくれて相手がそれで呑み込まれてしまうとか、そういう場面があったと思うので、声援の影響はかなり大きいですね。

 

——— 昨シーズン観戦に行きましたが試合の時の応援って、すごいなと思います。会場の雰囲気とか、もっとおとなしく観るものかと思っていました。

 

岡田 昔は、バスケをしている人がただ自分たちのレベルをより高いところに勉強しに行くみたいな感じの見方だったんですよね。だから、なんか一見さんお断りみたいな雰囲気があったんですよ。でも今は、よりエンターテイメント性というか、そのお客さんの方を向いていかにその来場してくれた方が楽しめるかっていうところを重視しています会場の雰囲気作りというのもしてると思いますし。あとは、そのブースターさん達がみんなで楽しもうって会場の雰囲気を作り出していますね。観戦、見るっていうよりは、一緒に楽しむっていう文化に変わってきていると感じられます。

 

後編は、京都ハンナリーズ 岡田優介選手《後編》 「異なる分野から得た経験を、バスケに活かす。」です。
 

京都ハンナリーズ公式サイト
https://hannaryz.jp/

このページの先頭へ