教えて達人!あなたの健康習慣

落語家 露の団四郎師匠《後編》「高座では噛んだらあかんけど、食事はよく噛む」

いろんな業界の第一線で活躍されている達人に、日頃の健康習慣についてインタビューする「教えて!あなたの健康習慣」。第五回目のゲストとして前編「笑いは活力、笑ってストレス発散」に引き続き、落語家 露の団四郎師匠にお話しを伺いました。現在NHKで放送中の連続テレビ小説「わろてんか」でも主役の方に指導を行われた、その裏話もちょこっとお聞きしました。また噺のプロ、喉のケアはどうしているのか?健康の秘訣も聞いてきました。

 

露の団四郎師匠

 

『今回の達人』

落語家
露の団四郎(つゆのだんしろう)師匠

 

プロフィール

露の團四郎(つゆのだんしろう、1955年4月13日 – )は、福岡県出身の落語家。団四郎とも表記する。出囃子は『炭坑節』。

福岡県立戸畑工業高校卒業。

1977年 上方落語の重鎮である露の五郎師に入門。
1978年 京都会館で行われた「露の五郎30周年リサイタル」にて初舞台を踏む。
以来、各地の落語家、寄席で活躍する。
1985年 師匠が得意とする怪談噺にも取り組み、さらに芸の幅を広める。
師匠に続き、自身も「大阪にわか」の世界に飛び込む。
1986年 大阪にわかの名跡四代目一輪亭花咲(はなさく)を襲名。
1991年 「第1回 露の団四郎バースデー独演会」を国立文楽劇場にて公演。
以来、毎年4月にバースデー公演を開催。
2002年 上野鈴本演芸場で昼席の主任(トリ)を務める。

踊りと大阪俄(にわか)にまじめに取り組み、俄の方では四代目一輪亭花咲(はなさく)を襲名。俄で磨いた芸を生かして芝居噺にも意欲的。 怪談噺、大阪にわか、バナナの叩き売り、ガマの油売り、南京玉すだれ、またフニャフニャの顔面を生かした百面相など、大道芸を得意とする。特に百面相は、東京の小さん師匠と、上方では団四郎がただ一人の演手である。現在は、各地の落語会、地域寄席、講演会などに、意欲的に取り組んでいる。楽しい講演と落語の実演は各地で大好評を得ている。

 

——— 前回は師匠が弟子入りしてからの修行のお話をお伺いしましたが、逆に今はお弟子さんを取られる立場になって、お弟子さんに芸を教えるのは難しいですか?

 

露の団四郎師匠(以下、団四郎) 弟子ねえ、大変ですねえ。今、僕の弟子には團姫(まるこ/露の團姫)言うのがおりまして。まあ、ちょうど僕のとこに半年おって、その後、うちの師匠体調悪くなったんで師匠のところにお前介護で行って来いと向こうに行かせまして。

 

——— その團姫さんを弟子にとられるきっかけになったのって何だったんですか?

 

団四郎 当時僕が名古屋の大須演芸場に出てたんですよ。そこの社長のところにまだ高校生のセーラー服着た子がおってね、ロビーで社長となんか話しててね。で、その子が帰ってから何でんねんあれ?って言うたら「なんか芸人になりたいとか言うて来とってん。で、芸人になりたいなら日曜日だけな、お茶子やないけど裏方で来たらええがな言うて話して帰したんや」て言うてると、また日曜日に来るわけですわ。ほんでお前何になりたいの?言うたら「私、落語家になりたいんです」て、そうか落語家かいなー、大変やで言うてると、卒業したら師匠のところへ弟子入りさせてもらいますかって。

 

——— へえ、で卒業して弟子に?すごいですね。みなさん勇気がありますよね、いきなり飛び込みで弟子にさせてくださいって、なかなか言えないですよね。

 

団四郎 まぁ、みんな大体そうですわな。みな飛び込みで師匠のとこに行ってね、弟子にさしてくださーいって言うんですけどね。たまたま僕は紹介者がいてね、超ラッキーという(笑)

 

 

——— 今はNHKで放送されている連続テレビ小説「わろてんか」でも演技指導をされているとお伺いしましたが?

 

団四郎 はい、今やってるNHKさんの「わろてんか」では、にわかの指導をさせてもろてます。松坂桃李さん演じる北村藤吉がまず芸人になりたい言うて寄席小屋に入り込むわけです。当時、寄席では落語も何でもいろんなもんがありでね、その中でにわかをやっている寄席小屋があったんで、その「にわか」をやりだすわけです。

 

——— にわか?落語とはまたちょっと違うんですか?

 

団四郎 違いますね、にわか芝居いうて、言うたら吉本新喜劇みたいな松竹新喜劇の元になるようなものです。つまり寸劇。今で言ったらコントみたいなものかな。それで、今回は、忠臣蔵のパロディを。歌舞伎の忠臣蔵の四段目の判官さん切腹の場面に、五段目の猪の役をやる松坂桃李さんが、間違うてそこへ飛び込んでくると。自分の出番は次やのに呼ばれたと思って飛び出ると。その指導をやらさせてもらいました。

 

——— 人に教える、伝えるというのは難しいですか?

 

団四郎 そうですね。でも役者さんは、覚え早いし、そのへんはええけど一番苦労してたのは、大阪弁ですな。松坂桃李さんも大阪弁に苦労してはりました。もう一言一言、ひとセリフ言うたびに大阪弁の指導の方がね、ワンカット撮るたびに言葉のチェック入るわけですわ。大変ですよ。大阪の人が観ても聞いても違和感ないようになんとかするのにみんな一生懸命やってはるんで。

 

 

 

——— さて、話は変わりますが、落語する上で声はとても大事だと思うんですけれども、喉のケアは何かされてますか?

 

団四郎 喉のケアというわけではないですが、鼻うがいですね。僕は、冬になったらね扁桃腺ていうかね、声帯がよく腫れてたんですよ。そのケアをする為じゃないんですけど、鼻うがいしだしたんですよ。お風呂入った時にね。生ぬるい湯を鼻に入れて口から出す。最初はガーッと入って大変やったけど慣れてくるとね、すっと入ってすっと出るから。鼻うがいやりだしてから風邪も引かんようになったし、声帯も腫れることもなくなったし、これはお勧めです。食塩水薄めてやる方がいいとかね、いろいろありますが、まあ食塩水作るのも手間かかるし、普段お風呂入った時にぬるま湯で鼻うがい。これが一番簡単。

 

——— でも、ツーンてならないですか?

 

団四郎 だからね、体温よりちょっと低めのやつがいい。スッと入りやすい。熱いとやっぱり入りにくいし、冷たいくても入りにくいし。大体体温よりもちょこっと低めぐらいやったらスーッと入っていきます。慣れてくると。花粉症にもいいですし。

 

——— 声帯は噺家さんの命ですからね。あと、喉以外で健康で気を使われていることってありますか?

 

団四郎 毎日飲んでいるのは、黒ごまのすりごまとね、きな粉と青汁の粉ですね。と、それに蜂蜜入れて、亜麻仁油入れて、それを牛乳で割って飲む。毎朝飲んでますね。これやりだして肝臓が強くなったせいか二日酔いがなくなった。

 

——— 何年ぐらい続けられてるんですか?

 

団四郎 もうね、何年経つやろなあ、何年なるやろなあ、もう十年近く飲んでるかなあ。そら、いつ飲みだしたか忘れるぐらいですわ。最初はテレビで、きなこがええ、黒ごまがええ言うのを観て、牛乳に入れて飲んでたんですわ。それが、どんどん増えていって、今度はハチミツがええ、青汁がええいうて増えていって、今は亜麻仁油がええいうて追加されましたな。これからも増えていくかもしれませんな。最後は何飲んでるか分からんくらいになったりして。笑

 

——— お食事とかは気を使ってらっしゃいますか?

 

団四郎 食べたいものを食べる。で、ひと口30回噛む。これやるとやっぱね、ダイエットにもなりますしね、いいですね。早食いはダメですねー。ゆっくりと食べるのが一番ですね。美味しいもんをゆっくりと、意識しながら味わいながら食べると。その代わり食べる時間は遅くなってしまいますが。みんなで飲んでる時でもね、意識しながらこうやって30回数えて噛みながら食べると、お腹もすぐ膨れてくる。高座では絶対に噛んだらあかんけど、食事は絶対に30回噛まなあかん。

もうひとつ思い出した。お風呂での健康習慣。僕、半身浴してるんですね。で、息をね、ブレスでゆっくりスーって鼻から吸って、スーって口からゆっくり吐く。半身浴だからね、お腹をぐーっと押さえながらゆーっくり吐くと胃にたまってる空気が抜けていくわけですよ。苦しい、食べすぎたな思うてても、これやるとスーッと抑えられてくる。深い呼吸って自律神経整えるのにいいとか言いますしね。

 

——— では落語家になって良かったなあと感じるのはどんな時でしょうか?

 

団四郎 やっぱりお客様に笑ってもらった時ですわな。ウケた時ね。これが一番ですわな。この世界に入って舞台に立てる、出れるっちゅうのが一番。喜びですよね。僕らもうね、体が言うたら資本やから、健康であればいくつまでも出来るという。元気であればずっと現役ですからね。ただ、元気なだけでも呼んでもらわにゃいかんけど。笑

 

——— 今後はどのような方々に落語を広めていきたいなとお思いでしょうか?

 

団四郎 やっぱり子供たちから見てもらいたいですね。子供の時にね、笑いの席に来てもらって、良さを分かってもらいたいなと思います。またお年を召した方でもね、落語を生で見たことない人ようけいてますんでね、今や高齢化社会なんで、動けんかったらこっちからなんぼでもね、行かしていただくんで。そういうとこにもどんどん行きたいですね。

 

——— ありがとうございました。

 

露の団四郎師匠 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/people/露の団四郎/100004079963500

このページの先頭へ