教えて達人!あなたの健康習慣

滋賀ユナイテッドベースボールクラブ 桜井広大打撃コーチ 《前編》

いろんな業界の第一線で活躍されている達人に、日頃の健康習慣についてインタビューする「教えて!あなたの健康習慣」。第一回目のゲストは、滋賀ユナイテッドベースボールクラブ(以下、滋賀ユナイテッドBC)の打撃コーチに就任された元阪神タイガースの桜井 広大(さくらい こうだい)打撃コーチ。現役時代、そしてコーチとして就任されてからの健康習慣についてお聞きしました。

 

今回の達人

滋賀ユナイテッドベースボールクラブ 桜井 広大(さくらい こうだい)打撃コーチ

 

プロフィール

滋賀県野洲市出身。1983年7月1日生まれ。野洲町立三上小学校3年時に野球経験のある父の影響で野球を始め、三上スポーツ少年団で滋賀県大会優勝。1999年にPL学園高校へ入学し、2年時に第82回全国高等学校野球選手権大会に出場。高校通算26本塁打。2001年のドラフト会議において、阪神タイガースから4巡目で指名され、入団。PL学園高校から直接、阪神に入団した初めての選手となった。

2002年から2011年、阪神タイガース、2012年から2013年、香川オリーブガイナーズ。2016年11月から郷里の滋賀県に発足するベースボール・チャレンジ・リーグの新球団滋賀ユナイテッドBCの打撃コーチに就任。

 

 

——— 滋賀ユナイテッドBCは、滋賀県初のプロ野球選手チームとして昨年の秋に発足され、今年の4月からのリーグ戦にも参戦されることが予定しているということですが、現在はどんな練習をされているのでしょうか?

 

桜井広大打撃コーチ(以下、桜井) 2月に入ってから、滋賀県の草津や栗東のグラウンドで練習を行っています。平日が中心ですね。ティーを打ち込んだりといった基礎練習が今はメインですが、そろそろしっかりとしたバッティング練習をしていこうと思っています。僕は、打撃コーチなので、基本はバッティングしか教えないですけど、それ以外、ピッチングについてもバッター目線でのアドバイスをして、チームに貢献できたらなと思っています。

 

 

——— 話がすこし遡りますが、野球を始められたきっかけというのは何だったのでしょうか?

 

桜井 父親が野球好きだったことですかね。そして、兄がいるのですが、やはり野球を始めるんですよね。そうなると自然に後を追いかけるようにして野球を始めていました。家のテレビも野球中継がついていることがほとんどだったこともあり、野球を始めるのはごく自然な流れでした。

 

 

——— 野球を始められた頃、身体は強いほうだったのでしょうか?

 

桜井 強かったですね。足も速かったですし、自分で言うのもなんなんですが、運動能力は高いほうだったと思います。ご飯も人の倍とまでとは言いませんが、結構食べていましたね。牛乳なんか、毎日1リットルは必ず飲んでいました。

 

——— それはスゴいですね!

 

桜井 ご飯はお茶碗ではなくどんぶりでいっぱい食べていました。なので、無理してご飯をいっぱい食べないといけないとかの感覚はありませんでしたね。最近では、これだけの量を食べないといけないとかっていうお話をよく聞きますが、自分の昔を振り返ると、食べなければいけないから食べているというような感覚はなかったですね。自然と平気でご飯をいっぱい食べていました。

 

 

——— では、体格もやはり大きい方でしたか?

 

桜井 大きかったですね。小学校6年生の卒業のときには170cm近くありました。中学校1年生の入学式のときには170cmを超えましたね。体重も60kg台の後半はありましたね。なので、スポーツに関しては自信がありましたし、その中でも自分が活かせられるのはやっぱり野球かなと思ったんで、野球にのめり込んでいきました。

 

 

——— 子供の頃に健康面で気をつけていたことはありますか?

 

桜井 正直、気を付けていたという感覚はなかったんですけど、お菓子は食べませんでした。それに、コーラとかの炭酸飲料も飲まなかったですね。コーラや炭酸飲料よりも、牛乳のほうが好きでしたんで。

 

 

——— 自ずと身体に良いもの欲するという感じでしょうか?

 

桜井 そうですね。白ご飯も好きでしたんで、家に帰ったらおやつではなく白ご飯を食べる、みたいな習慣でした。家に帰ったら母親がおにぎりを作って置いてくれてるんです。それを3つ4つ、おやつがわりに食べるといった感じですね。

 

——— ちなみに、晩ご飯というわけではなくて?

 

桜井 もちろん。晩ご飯は別です。親も、僕の性格を分かってくれたのか分からないですが、好きな野菜を晩ご飯にいっぱい出してくれていました。嫌いな野菜より好きな野菜を、僕が食べられる野菜というんでしょうかね、そういうのを出してくれていました。たくさんあれば、僕は食べますからね、量を。なので、食べられないものを無理して食べさせられたというよりは、好んで食べるものをたくさん食べさせてもらっていた記憶がありますね。

 

 

——— 運動面ではなにか気を付けていたことなどはありますか?

 

桜井 ストレッチはしていましたね。それと、毎日では無かったですが子供の頃からランニングをしていました。走るのが好きでしたから。そして、育った場所が田舎だったので、小学生のときは追いかけっこをして走り回っていましたね。なので、トレーニングとしてランニングをしようと決めていたわけではなく、自然と遊びの延長線上で走り込んでいましたね。本当にトレーニングとしてランニングを意識し走っていたのは、中学校からかな。

 

 

——— プロ野球選手になろうと思ったのはいつ頃なのでしょうか?

 

桜井 それは野球を始めてすぐですね。父や兄の影響で野球を始めましたが、兄も野球選手にはなりたかったじゃないかな。たぶん、ほとんどの子供が野球を始めたら、なれるかどうかは別にして、いつかプロ野球選手になりたいなって思うことありますよね。プロ野球選手になるという夢ですよね。僕は、野球を始めてすぐ思いましたね。そして、プロ野球選手になるためにはどうすればいいのかと考え、目標を立てて努力しました。

 

滋賀ユナイテッドベースボールクラブの試合情報や応援などはこちら。

滋賀ユナイテッドベースボールクラブ オフィシャルサイト

 

教えて達人!あなたの健康習慣「滋賀ユナイテッドベースボールクラブ 桜井広大打撃コーチ 《後編》」へ続く。

 

このページの先頭へ