教えて達人!あなたの健康習慣

真言宗大本山隨心院 亀谷英央 寺務長 《後編》

いろんな業界の第一線で活躍されている達人に、日頃の健康習慣についてインタビューする「教えて達人!あなたの健康習慣」。前回に続きましてゲストは、小野小町ゆかりのお寺、京都山科にあります真言宗 大本山 隨心院 亀谷英央寺務長。お寺さん、お坊さんの健康習慣についてお聞きした後編です。

『今回の達人』

真言宗 大本山 隨心院 寺務長
福勝寺 住職
亀谷 英央(かめたに えいおう)様

 

プロフィール

1961年(昭和36年12月28日)生まれ。

昭和55年3月私立洛南高校卒業

昭和60年3月香川大学農学部卒業

昭和62年3月京都府立大学大学院農学研究科修了

昭和63年3月高野山専修学院卒業

平成3年4月福勝寺副住職

平成20年7月福勝寺住職

善通寺派青年会会長、全真言宗青年連盟事務局長、同理事長歴任

平成10年12月大本山隨心院執事、同20年7月大本山隨心院執事長、同29年1月寺務長就任現在に至る。

 

 

——— 前回のお話で心を落ち着かせるために写仏、写経に来られる方も多いとお聞きしましたが、やはり心を落ち着かせることは日頃の健康に役立つでしょうか?

 

亀谷英央寺務長(以下、亀谷) もちろん役立つと思います。やっぱり人間にとって一番、悪いのはストレスでしょう。食べ過ぎだとか脂肪分の摂り過ぎだとか、栄養学的に体に悪いという具体的な見地はありますけれども、人間にとって一番の害はストレスですよね。自分自身も若い頃は常にストレスを感じていて、やっぱり体調を崩しましたもんね。極度の緊張状態が絶えず続いて、これはあかんなと思いましたね。そんなとき一番ホッとしたのが、本堂でお経を唱えたり、檀家さんとこ行って法事したりしてる時なんですよ。もちろんストレスの原因が解決したわけではないんですが、やっぱりそんな時が一番、ホッとするというか心が休まるんですね。

 

 

——— 一般の人たちがストレスを感じるなという時とかに、何かオススメの心を落ち着ける方法はありますか?

 

 

亀谷 そうですね、すぐに写経とか写仏ができない時ですとか、ちょっとイライラっとした時とか…。私はやっぱりお経を唱えたくなるんですよ。一般の方にもお経を唱えるのはおすすめです。

 

——— お経の意味や、唱え方がわからないのですが…。

 

亀谷 いいんです。わからなくても、いいんですよ。みなさんに一番身近なお経は般若心経ですが、本屋さんでも本が売ってあったりしますよね。そんなんでいいんで、一度唱えてみてください。ちょっと心がリセットされますよ。

例えば、私も家内と喧嘩したりすることもあります。もちろん嫌なことがあったり、むしゃくしゃしてしまうことだってあります。お家を出るとき、イライラして怒りながらバイクに乗ってお勤めへ行くわけですよ。それで本堂でお経を唱えたり、檀家さんのお宅でお経お唱えしますよね、そしたら不思議と直るんですよ。あれ、何やったろうなってみたいなね。

家を出るときは俺も怒ってる、向こうも怒ってる、で、取り付く島がない。けど帰って来たら向こうは怒ってるけどこっちは寛容になっているんで、「ごめん悪かったな」で済む話ですやん。どっちかが下に出たら、それでちょっとは相手も気が済むし、それが夫婦円満の秘訣ちゃいますかね、そして一番の健康の秘訣ちゃいますか。

 

 

——— 他に毎日行ってらっしゃる習慣とかありますか?

 

亀谷 朝起きて、顔洗って、お仏飯やって、お務めしてっていうのが一つの習慣ですよね。まあ自分の役割というかね。

 

——— お坊さんは規則正しい日々を送られているとイメージです。

 

亀谷 そうですね、特に朝はね、5時くらいに起きます。朝5時に起きるんですけど寝るのが案外遅いんですよ。帳簿をつけたり、次の日の準備とかをしていると24時くらいとか。それで、睡眠時間が5時間と習慣になっているんで、例えばお遍路さんに行ったときとか、疲れて22時に寝ても、3時に目が覚めてしまうんですよね。他にも、お寺のお仕事で東京に行ったり九州に行ったりするでしょ。そんな時は普通のホテルに泊まるんで、朝は別にお寺やないからお仏飯もせんでいいし、ゆっくり寝ていたらいいのに早よ目が覚めてしまうんですよ。寝られない、5時くらいになると必ず目が覚めちゃって。習慣でしょうかね。

 

——— 早起きは健康にいいんでしょうね。

 

亀谷 朝日はええって言いますよね。暑い時やのに朝日は浴びに行きますもんね。朝日はいいのかもしれませんけどね、ただ私は医学的な見地からはわかりませんが。

 

 

——— 食事とかで気をつけてることってはありますか?

 

亀谷 食事で気をつけているのはね、やっぱり野菜を中心に摂るってことくらいでしょうかね。それこそ修行中の精進料理はカロリーなんてすごい低かったでしょうし、成人男子が1日に必要なカロリー以下だと思うんですけど、休みなく修行が出来ていたという事は、普通の食生活では摂取カロリーが多過ぎることになりますよね。不思議なことにその時は、お肉とか食べても食べられないんですよ。欲求的にはステーキとかすき焼きとか食べたいなとか思うんやけど。食べたらちょっとしか食べられない。体質が変わってしまうんでしょうね。

 

——— 単純な質問ですがお肉とかは食べていいのですか?

 

亀谷 宗派にもよりますが、普段はお肉を食べてもいいですよ。中国とか韓国とか台湾とか行くと、向こうのお坊さんやらはお肉食べてはりますからね。しかも力仕事もしているから、体がごつい、強そうなんですよ。

それに、聞いた話では、チベットの有名なお坊さんも来日されたときにステーキとか食べてはったんですって。「わたしはね、出されたものは何でも残さず食べるんです」っておっしゃったそうです。さすがやな、素敵やなって思いました。その代わり一つ言うてはったのが「私たちは自分らで調理は絶対しません」と。何故かって聞いたらね、自分らで調理すると自分たちの好みに美味しいように作っちゃうでしょと。例えばご飯とか固めとかね、柔らかめとか。それがだめなんですと。誰かが作ってくれたものを食べる、ただそれだけなんですと。美味しいとかそんなん関係ないんですと。ええ精神やなと思いましたね。

 

 

 

——— お坊さんは規則正しい生活っていうのもありますけど、あまり病気はなさらないようなイメージありますよね。

 

亀谷 風邪を引くことは無いことも無いですが、確かにそんなに引きませんね。特に、これからご祈祷があるとか、肝心なときにはね。クタクタになってボロボロになって、しんどいなっていうときでも不思議と風邪を引かなかったり。精神、気の持ちようってところもあるでしょうね。私もね、祖母が3年間の闘病の末に亡くなったんですが、その間、家族と介護をしていますとね、風邪を移したらいけないから風邪を引いたらいけないと気を張っていたら、3年間一回も風邪を引きませんでしたね。

 

 

——— 人の死とかって、私たちは普段そんなに接することでもないですから、恐怖や不安を感じたりするのですが。

 

亀谷 あぁ。それは、やっぱり執着でしょうね。この世への未練。皆さんなら配偶者とか恋人とか、これから自分がやりたいこととか、そういうのがあったら死は怖いでしょう

私ら、死っていうこと絶えず見てますでしょ。あの人亡くならはったなぁとお経唱えたり、ご遺族を慰めたり、絶えずしてますからね。だから、今55歳なんですが、死んだらそれはそれでもええんちゃうみたいに思ってしまうかもしれませんね。それはそれで多分受け入れるんちゃうかなと思います。

ただ、執着する事が悪いわけじゃないんですよ。やっぱ恋人のことも大切ですし、お子さんやらがおられたら大切ですし、お仕事のことももちろん大切ですし。それぞれのみんな使命を持ってはるわけです。それをせずして死んじゃうなんていうのは色んな意味で損失やから。やっぱりそれは良くないことやけど、絶対死ぬんですからね。いつかは。これだけは決まっていますから。

 

——— 執着しないように心がけていても、やっぱり最後は執着してしまいそうですし、後悔もいろいろしてしまいそうです。

 

亀谷 そうならないように、一日一日を一生懸命、生きることですね。

 

——— 肝に銘じておきます、ありがとうございました。

 

 

真言宗 大本山 隨心院 http://www.zuishinin.or.jp

このページの先頭へ